ジャケットの撥水性能を回復させるには?


最近、ジャケットのウォータープルーフ性能の質が落ちてきたように感じるのは、気のせいでしょうか?だからといって、そんな時でも、どうか慌てないでください。元通りに甦らせる方法がここにありますから。
生地に水を浸み込ませずに表面で弾くのが「撥水」です。この性能のおかげで、ジャケットがびしょ濡れになることなく、軽量感と透湿性を保持できるのです。「撥水」機能は、生地の外に加工を施すことで現われます。しかしながら、時間の経過と共に、その性能が変わる可能性も否めません。
Quechua(ケシュア)のジャケットプロダクトマネージャーBramより、撥水性能を回復させるジャケットの洗い方、そしてその後いつでもドライな状態を保てる方法をご紹介します。

ステップ1:洗濯前

ファスナーやフラップはすべて閉じて、洗えない小さなパーツは取りはずします。ストラップやエラスティックパーツ(伸縮可能なドローコードなど)は元に戻して、ポケットは空にしておきましょう。
製品を裏返しにします。

ステップ2:洗浄

水温30℃または40℃で、市販の洗剤を入れて化繊コースでの洗濯機洗いが可能です。ジャケット本来の品質を損なうおそれがあるため、柔軟剤のご使用はおやめください。漂白剤も使わないでください。
こんなはずではなかったのに!そんな悲しいサプライズを避けるため、色や素材が異なるものと一緒には洗わないようにしましょう。
洗濯機にジャケットを投入する際は、あまりコンパクトにたままないように、洗濯機に詰め込みすぎないようにしましょう。
重要:すすぎは長め、もしくはしっかりと2回行ってください。ジャケットに汚れや洗剤が残ったままにならにように、しっかりとすすぎましょう。

ステップ3:乾燥

撥水性能を元に戻すには、乾かし方が重要です。
風通しの良い場所で、物干しなどを使用して平置きにして乾かすことをおすすめします。ラジエーター(暖房器具)の近くで、直接乾かすことは絶対にしないでください。
それから、乾燥機に投入します。化繊コースで短時間(10~15分間)乾かしてから、収納しましょう。くれぐれも乾かしすぎにはご注意ください。

この洗濯方法に倣って、しっかりと乾かして軽く乾燥機にかけたにもかかわらず、水滴がジャケットの表面を滑り落ちない・・・。

そんな時は、防水スプレーなどの防水剤のご使用をおすすめします。

※洗濯時は、必ず製品に付いている洗濯表示に従ってください。

 

雨季でもスポーツを楽しめる方法があるのなら・・・。

Quechua(ケシュア)ハイキングジャケットのウォータープルーフ試験

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

もっと楽しもう!雨のランニング4大対策

雨のサイクリング装備

室内トレーニングを楽しむ6つの方法

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

※画像をクリックすると、製品ページへ移動します。

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *