テントの選び方

Quechua(ケシュア)テントのプロダクトマネージャーJean-Baptisteから、「正しいテント選び」についてのアドバイスをお届けします。

ハッピーなキャンプホリデーを!

 

テント選びの4つのポイント

  • テントに宿泊する人数
  • キャンプ場でのステイか、毎日の移動を伴うワイルドキャンプか。
  • 天候
  • 簡単設営

テントでの宿泊人数は?

おひとりさまでのソロキャンプ。もしくはカップル・ご家族・お友達グループで。テント選びの際は、宿泊人数や構成に合わせたスペースやベッドルーム数を検討しましょう。
1~3人でのキャンプに、一般的なのが1ベッドルーム。ギアを置いてもまだなお広々とリビングスペースとして活用できるでしょう。ファミリーユースなら、さらに部屋を備えたモデルもおすすめです。

睡眠の質を大きく左右するテント選び。だからこそ、宿泊人数分の睡眠スペースをしっかり確保することが大切です。特に注意したいのが、結露。睡眠中のキャンパーの身体がインナーテントに触れ、そしてインナーテントとフライシートが密着すれば、結露は起こりやすくなります。この結露を防いで安眠するためには、ゆったりと横になれる大きさのテントを探しましょう。

キャンプスタイルは?キャンプ場ステイ?それとも毎日移動を伴うワイルドキャンプ?

テントの用途も、モデル選びの重要なポイントです。

決まったキャンプ場での数日~数週間の滞在なら、キャンプサイト向テント。自宅のようにゆったりと快適にくつろげるでしょう。

キャンプ場滞在なら、大勢でくつろげる広めのリビングスペース付モデルをを選びましょう。Quechua(ケシュア)では、スタンドアップタイプとシートタイプの2種類をご用意しています。

いくつかの山々を巡り、毎晩違うキャンプ場所で過ごすなら、毎日持ち運びができるような軽量型テント。ワイルドキャンプに特化してデザインされた簡単設営&最軽量&コンパクトモデルがおすすめです。

キャンパーを待ち受ける天候は?

キャンパーの夜を脅かす風・雨・暑さなど、あらゆる天候はコントロールできないもの。だからこそ、暴雨にも耐えうるウォータープルーフ仕様・耐風仕様かどうかも確認しておきましょう。

Quechua(ケシュア)がお届けするすべてのテントは、厳しい天候にも耐え得るよう設計されています。耐風性テストは、人工的に強風を作り出す「風洞実験施設」にて行われます。その基準は「最大風速50~90km/h(秒速14~25m)に耐えること」。ウォータープルーフ性能テストは、人工的に雨を降らせる「シャワー施設」で実施します。「1平方メートルあたり毎時200リットルの激しい雨に4時間さらされてもテント室内に雨滴が入り込まないこと」がテストのクリア条件です。これらの試験を経て、実際のキャンプサイトで活躍するウォータープルーフ性能・耐風性能を持つキャンピングテントが生まれています。

キャンプでは、暑さで夜明けに目覚めてしまうこともしばしば。熱対策には、空気を循環させるためのベンチレーション(換気口)が設けられたテントを選びましょう。このベンチレーションはもちろん一般論で有効な対策ですが、この他に特におすすめしたいのが、私たちQuechua(ケシュア)R&Dスタッフが数年前に開発したFresh©(フレッシュ)テクノロジー採用モデル。熱反射素材を用い、テント内の熱ごもりを軽減します。

結露防止には、フライシート付モデルを選びましょう。

設営方法は?

1つ目。テント設営そのものがキャンプの醍醐味でもあるキャンパーには、やはり従来型のテントがおすすめです。コンパクトなおかつワイルドキャンプに適した優れたテントです。

2つ目。ポールとクギを使う設営方法にまだ不安を覚えるキャンパーにぴったりなのが、Quechua(ケシュア)2Secondsテント。初心者でもお子さまでも簡単設営。そんな理想をかなえるテントです。折りたたみ時には少々かさ張るため、キャンプ場でのご使用をおすすめします。

3つ目。ここで革新的なインフレータブルテントのご提案です。ハンドポンプで数回空気を送ると、テントが膨らんで自立する仕組みです。ポール内に空気が渡ることで耐風性も持ち合わせます。従来のテントよりもさらなる快適さを感じていただけるでしょう。

長くずっと快適に。

カップルでお探しなら、いずれは3人以上で使うかもしれない可能性を考慮して、広々としたリビングスペース付モデルも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

大勢でわいわい賑やかなパーティーを。それなら、2ドアモデルが実用性でも通気性の面でも最適です。

あらゆるニーズに対応するQuechua(ケシュア)のテントの中から、お気に入りのテントが見つかりますように!

 

キャンプ、ハイキングのためのビギナーガイド

ビギナーガイド:ファミリーテント

ビギナーガイド:シュラフ

キャンプ、ハイキング用品の選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスから、あっと驚くイノベーションまで。あらゆる「?」にお答えします。

テント内に発生する結露

テントのお手入れと収納

2 Seconds テント、撤収があっという間に!

新しいFRESH&BLACKテクノロジーで、何時に目覚めるかはあなた次第。

選ぶべきシュラフ(寝袋)

寒さ知らずのシュラフ泊5つの対策

シュラフのお手入れ

ポンプ式エアーマットレスの上手な使い方

インフレータブル(ポンプ式)マットレスの収納方法:あなたはロール派?それともそのままフラット派?

キャンプ-バックパッキングの必需品

バックパッキングの効率的な荷造り方法

 

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

 

 

8 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *