かわいくて、丸くて、きゅっと引き締まっていて、上向きで、ちゃんと筋肉がついていて、ぴたっとしたタイトなボトムスもセクシーなドレスも着こなせる、ヒップ。私たちがほしいのは、そんなお尻。 JLo(ジェニファーロペス)よりも、背中の4分の3を露にした堂々たる装いで登場するあの人気女優たちよりも、ずっとずっと魅力的なヒップを手に入れたい!そう来たなら、行動へ。Nabaiji (ナバイジ)があなたのヒップメイクのお手伝いをします。

毎日何マイルも走れるような準備ができているあなたでない限り、形の良い締まったお尻をつくり上げるのに1番の場は、スイミングプールでしょう。

スイムフィンを着用したスイミング

エクササイズの前には必ず、スイムフィンなしでの約10分間のウォーミングアップから始めましょう。それから、スイムフィンを履きます。フロート(浮き具)につかまって、仰向けで脚をキック。そして、うつ伏せにひっくり返ってドルフィンキック。これを3~4回繰り返します。その後は、スイムフィンなしの背泳ぎで終了します。脚をバタバタさせることで、お尻の大部分を構成している主要な臀筋を引き締めることができるでしょう。

ヒップに沿ってついている中臀筋と深部の小臀筋を鍛えるには、スイムフィンを脱いでの平泳ぎ。ゆっくり、しっかりと動かし、できるだけはやく前進できるように脚を戻します。45分間を、週3回。たちまち、見違えるほどの結果が得られるでしょう。

ロングスイムフィンでなくショートスイムフィンを使う理由

ダイバーのように長距離を速く遠くへ泳ぐ場合に用いられるのが、ロングスイムフィン。これは、腰痛や筋肉のボリュームが増す原因となることがあるかもしれません。サイクリストの立派な太もも。決して、あなたが理想とする姿ではないでしょう?それなら、プールでのエクササイズには、水泳用にデザインされたショートスイムフィンを選びましょう。

スイムフィンの選び方

快適さでは、ストラップタイプのフィンよりもフルフットフィンが最適です。試しに履いてみて、後ろ向きに少し歩き、足を振ってみましょう。足に対してフィンが適切な位置にあるかを確認します。きちんと履けていないと、脱げたりずれたりしないようにとつま先の筋肉を収縮させ、痙攣を引き起こしてしまうかもしれません。おすすめは、高い柔軟性と快適性を備えたNabaiji (ナバイジ)シリコンスイムフィンです。

アクアフィットネスエクササイズ

大型プールでなら、両腕の下にプールヌードルを挟み、ひざを曲げて座り姿勢のエクササイズも行えます。ひざを開いていき、外側に押すように広げてから、元に戻します。背中をサイドにつけたり、ひじをサイドにかけたり、脚を伸ばしたり、いろいろな動きで変化をつけることが可能でしょう。開いて閉じて、開いて閉じて。少なくとも、1セッションで、15回を3セットを目指しましょう。

ヒップの引き締めに繋げられるもうひとつの方法は、水中ウォーキング。流水プールでなら、水流に逆らって歩きます。水の中でジャンプアップ&ダウン。ひざを胸の方へと引き上げます。歩行とジャンピングを交互に行ないましょう。

最後は、水中レース。ジョギングしているようなイメージで身体を動かします。ここで出番となるのが、ポリプロピレンとエラストマーでできたかたさも柔軟性もほどよいフラワー型“PullPush”、そして“Fixopiés”。 これらのアクセサリーを活用することで、水の抵抗が増し、足を歩ませる度に臀筋にしっかりと働きかけるでしょう。走っても良し。飛び跳ねても良し。踊っても良し。下半身全体を穏やかに整えましょう。

PullPush

PullPush

Fixopiés

Fixopiés

※この記事はブランドサイトに掲載されたフランス語/英語の原文を日本語に翻訳したものです。製品の販売時期・仕様・価格は、予告なしに変更されることがあります。また日本国内での取り扱いについても、記事に記載の内容と一部異なる場合があります。詳細はDecathlon Japan 公式オンラインストアヘルプセンターまでお気軽にお問い合わせください。

※画像をクリックすると、製品ページへ移動します。