スポーツで健康的な心機能を維持するための5大ポイント

DOMYOS141

心機能の強化は、欠かせません。それゆえ、世間でも高い関心を集める「健康であり続けるための正しいトレーニング法」。その具体策に挙げられるのが、定期的なスポーツです。

ただし、心臓に関わること。しっかりと頭に入れておいていただきたいポイントが何点かあります。

今回は、心機能へ与えるダメージのリスクを回避し、安全にスポーツを行うための手引きをご用意しました。

ウォーミングアップ

warm hoody swt_sac trendy[8352297,8352997]tci_scene_a01エクササイズ前は、約10分間のウォーミングアップを行いましょう。ウォーミングアップの導入で、心拍数を緩やかに上げながら、さらに強度を増した運動にも対応できる準備を整えます。心臓・筋肉をスポーツで働かせる事前準備として、ストレッチは不可欠です。

心拍数のチェック

最大心拍数を知るための簡単な計算式をご紹介します。220から年齢を差し引きます(例:220-34歳=186)。スポーツをする際は、この限界値を超えてはなりません。

34歳のウォーカーを例にとると「1分間の心臓の脈拍数は186回以下でなければならない」ことを表しています。

適切な水分補給

運動中は水分をしっかりと補給しましょう。約30分ごとに数口、水を飲みましょう。水分が十分に行き渡っている状態なら、脳への血流が促進され、筋肉に必要な栄養素が行き届きます。そして、早期回復を助けます。

リカバリー時間の確保

pixl_d_008持久性スポーツの後は、心拍数をゆっくりと緩やかに下げる時間を設けましょう。

運動を突然ストップせず、元の状態へと時間をかけて徐々にペースを落としていきます。自宅に到着後、すぐにでもシャワーを浴びたいのはやまやまですが、その前に約15分間は身体をクールダウンさせましょう。

天候に合わせた装い

スポーツプログラムに対して、いつでも大きな影響力を持つ空模様。運動内容は外気温を考慮して選びましょう。極度な気温のもとでは、身体と心臓にかかる負担は大きなもの。暑いとき、寒いとき、心臓にストレスがかからないようにほどほどに休みましょう。

知っておくべき大切なこと

運動の開始前・最中・終了後に関わらず、胸部に痛みや動悸を感じた場合は、直ちに止めて医師の診察を受けてください。

 

スポーツと心拍数。

アクアスポーツ、人気上昇中!

ランニングと喫煙

健康への近道!持久性スポーツ

基礎持久力トレーニング

フィットネスウォーキングでの減量に必要な運動時間

ランニングでもっと健康体に。

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

ウィメンズ ランニング クロップトップ + ハートレートモニター (心拍数センサー)001 Heart Smart ランニング001

ウィメンズ ランニング クロップトップ + ハートレートモニター (心拍数センサー)003 ウィメンズ ランニング クロップトップ + ハートレートモニター (心拍数センサー)002

ONRYTHM 110 HRM 時計 & チェストストラップ001 ONRYTHM 110 HRM 時計 & チェストストラップ002

ONRYTHM 110 HRM 時計 & チェストストラップ003

 

1 reply

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] ▼スポーツで健康的な心機能を維持するための5大ポイント […]

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *