子どもの足の成長と靴

CHILDREN’S GROWING FEET MEETING THEIR NEEDS

産声を上げてから成人するまで、子どもの足は完全なる成長へと長い長い旅路を歩むことになるでしょう。初めて歩いたその瞬間から、足の構造もそれに合う条件・環境も、成長と共に変化し続けるのです。だからこそ今、お子さまの足の発達を健康的にサポートするためのお話を、保護者のみなさまへお贈りします。

子どもから成熟したおとなになるまでの遥か遠い道のり。その過程で、子どもはモータースキル(運動技能)を伸ばし、反射神経による動作を身につけていきます。一歩一歩、特にウォーキングを通じて、自分の身体をコントロールすることを覚えていきます。

よちよち歩きの0~2歳

ついに子どもが立ち上がった!歩き始めたばかりのお子さまは、全体重を前方に傾けて移動しています。先に前に進むのは、頭。そして、足をなんとか間に合わせるようなかたちで全身がついていきます。かかとからつま先までを丸めず、地面に対して足をフラットにつけながら、転ばないベストなバランスを探っていきます。
この段階の子どもの足は、平たく厚みもあります。足の甲(インステップ)・骨・筋肉が徐々に発達し始めます。

おとなと同じように歩き始める2~7歳

だんだんと全方向に歩いたり、階段の昇り降りもできるようになるでしょう。モータースキルが飛躍的に向上する時期です。動きにも正確さが加わります。この時期に、それらを伸ばす多くのアクティビティが推奨されているのも、頷けますね。
この間に、お子さまは動作のレパートリーをぐっと広げることでしょう。足が成長するにつれ、おとなの筋肉・骨・足の甲を形成し始めます。

子どもの足の発達をサポートするベストシューズ

2~7歳
子どもの足がフロアの感覚を掴めるように。そう言われているのも、筋肉の発達を促し、動かす訓練をするためです。
足の筋力を鍛えて健康的な成長を促進するのにベストな方法です。
シューズ選びでは、クッションなしの軽量モデルを探しましょう。どんなフロアでもお子さまが自由に動き回れるように、グリップ力に優れ、フレキシビリティを備えたフラットソールを選びましょう。

おとなへともう一歩近づく7~15歳

7歳から
足の骨は安定感を増し、筋肉は完全なる成熟へと向かいます。この頃になると、過去に習得したあらゆることを、そつなくこなせるまでに成長したお子さまの姿を目にすることができるでしょう。足の発達に伴い、その状態には変化が起こります。上方向、そして外側へと成長していきます。次第に足の下にはクッションが少し必要になってきます。
保護者のみなさまは、お子さまのかかとに痛みが生じていないか気をつけて見てあげるようにしてください。足病医に診てもらうと安心ですね。
お子さまの足の成長による変化には、クッション性を高めるためのインソールをシューズを入れて対応しましょう。
今回は、Decathlon(デカトロン)研究センターの協力の下、情報をお届けしました。

 

子どもにとっての「歩く」意味。健康や成長への影響は?

子どもの健康と成長を支えるウォーキング

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Jarry Canvas キッズ エブリデイ ウォーキング シューズ001 Jarry Canvas キッズ エブリデイ ウォーキング シューズ002

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *