正しい足の動き

Newfeel165

 

一般の歩行者とフィットネスウォーカーの違いは、一体どこにあるのでしょうか?

答えは「足の動き」。前者が無意識であるのに対し、後者は正しい足の動かし方を身につけています。

フィットネスウォーキングにおいて正しく足を動かすことは、ケガを防いで筋肉を最適に機能させることに直結します。

正しい歩き方を学ぶことは、フィットネスウォーキングセッションには必要不可欠なこと。

歩く時には、片側の足からもう片方へと体重が移ります。関節を保護するためには、片側の足で地面を蹴る。もう片方はつま先で前へとはずみをつける。片側の足からもう片方へバランス良く体重を移動させる。これが重要です。

かかとから始まる足の動き

精巧に連なる一つひとつの足の動きは、かかとを上げるところから始まります。それから、そのまま角度をつけながらつま先にかけて足を上げていきます。左足のつま先が地面を蹴り、右足のかかとが着地するところまでが一連の動きです。

1.スタートはかかとから

newfeel-bon-mouvement-du-pied-bien-marcherかかとを地面につける際は、そっとやさしい動きを心がけましょう。

クッション効果を高めて、都市圏に多いであろう地面からの衝撃を緩和。関節を守ります。

歩調を速めると、一度に全体重がかかってしまい、つまずく危険性が高まります。

2.かかとからつま先へ

かかとが着地したら、次は丁寧なおかつスムーズに足を上げる動きへと移行します。

かかとが接地した後、一気に足全体を着地させると、ひざ・お尻・背中に負担となる衝撃を与えてしまいます。

ここでのポイントはスムーズさ。足全体の動きに意識を向けましょう。

3.最後の動き、推進力

ここまで来れば、足は完全に地面についた状態です。

最後に待っているのは、ウォーカーを前へと送り出すための推進力を生み出す動き。

つま先で勢いよく地面を蹴りましょう。後方の誰かに靴の裏を見せたくて仕方がない。そんなつもりで動かします。この前進の動きは脚力を鍛え、太もも・お尻の引き締めにも効果を現します。

まとめ

つまり、正しい足の動きこそが、フィットネスウォーキングの要。

筋肉をより効率的なおかつ安全に働かせ、軽やかで程よいペースの足取りを実現させましょう。

6 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *