“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう。

フィットネスウォーキング、スピード感のあるウォーキングの成功の鍵を握るのが、モチベーション維持。“定期的に歩く”ことが習慣化できれば、目標達成ももう間近です。

そこで、モチベーションを維持するために多くのウォーカーが採り入れているのが、歩数計。自身の成果を数値で計測することが可能です。今、記事をご覧になっているウォーカーのみなさま。ご自身で進捗度を評価してみたいと思いませんか?

今回はフィットネスウォーキングを数値管理する際に必要不可欠な“歩数計”の基本的な特徴に焦点を当ててみました。

歩数計を使うべき理由

ウォーキング中のウォーカーの活動量を数値としてカウントできるアクセサリーが、歩数計です。

歩数計では、フィットネスウォーキングの各セッションにおける歩数・歩いた距離・かかった時間を確認することができます。また、カロリー燃焼量まで計算する上位モデルも開発されています。

この歩数計測は、体型維持を目的とするウォーカーにとっては実に役立つ指標となるものです。
WHO(世界保健機関)が推奨しているのが「健康であり続けるために1日1万歩のウォーキング」。ここからも、ウォーキングが持久力の向上・体型維持を目指すうえで、もっともおすすめすべきスポーツであるということがわかりますが、1日中歩数計を身につけてみると、自ずと自身の活動量を意識するようになるでしょう。

さらにログ帳に蓄積された過去の成果をランキング化。活動レベルを見極めたうえで、次なる進展へと繋げます。
それは、モチベーション維持にも大きく貢献することでしょう。

歩数計の使い方

至ってシンプル、どなたでも簡単に使いこなせる計測ツール、歩数計。歩長を測定するクィック較正プロセスの後にウォーカーの取るべき行動は、外出時に忘れずに身につけるだけ。

スイッチを入れると、ウォーカーの歩行に対してセンサーが反応し、歩数をカウントしていきます。

スピード感のあるウォーキングを通じて減量をお望みのウォーカーには、カロリー計算が可能なモデルという選択肢も用意されています。
まずは、歩数計に身長・体重などウォーカーの情報を事前に登録。そうしておけば、これらの登録情報と実際の活動量を関連付けて、カロリー計算を行います。

歩数計を味方につけて、目標を達成しよう。

  1. 運動不足気味のウォーカーへ
    初めからあまりにも大きすぎる夢を描かないようにしましょう。まずは、1日30分以上のウォーキングからスタート。まだまだ大丈夫だと感じたら、単一セッションで30分歩きましょう。
    いつでも取り組める、自分の足で歩む、健康への旅。この行動を日々の習慣へ。その習慣の連続が、いつしか迎える目標到達への道筋を作ります。
  2. スポーツの頻度がそれほど高くはない、アクティブなウォーカーへ
    歩数計を使って直近の状態を明確にするところから始まります。WHO推奨の“健康維持のための1日1万歩”達成に向かって、徐々に歩数を増やしていくのはその後です。

この記事の原文(英語)

 

正しく歩けば、プラスの影響に期待ができる?もっとも身近なスポーツ、ウォーキング。

健康への近道!持久性スポーツ

座りっぱなしの危険性

1日30分のウォーキング

正しい歩き方を身につけよう。

ウォーキングで風邪知らず。

足首とふくらはぎのストレッチ

ダイエットよりフィットネスウォーキング!

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

ONWALK 100 加速度センサー歩数計001 ONWALK 100 加速度センサー歩数計002

 

 

13 replies

Trackbacks & Pingbacks

  1. […] ▼“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう […]

  2. […] ▼“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう […]

  3. […] ▼“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう […]

  4. […] ▼“歩数計”でウォーキングを盛り上げよう […]

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *