第10回 Fittarena 2015 in ブダペスト

ドラムが響き渡る中、盛大なハロウィンパーティ színpadnálが開催されました。

第10回DECATHLON FittArenaの模様を4つのエピソードでお届けします。

t1_hd_a

 

Symaイベントコンベンションセンターにて、DECATHLON FittArenaはたくさんのステージでさまざまなスタイルのフィットネスクラスを開講し、「今年一のフィットネスの日」として5800人以上もの参加者を動員しました。

午前9時半からスタートしたPulay SzilviとZoltanによるプログラムで、Alexandra Beresに続き、メインステージでは1年ぶりに産休から復帰したBea Cseresnyésが「イベントを心から楽しんでいます。」と述べました。

この日、パフォーマーのAttila Katus、Timea Sifter (SIFI)、 Tatars 、Sewing Rezsõ Gyulaはこれまでの10回すべてのイベントに参加しています。20年目のキャリアを迎えるGyulaは普段どおりに、SIFIはフェイスペインティングやハロウィン風のスペシャルなパフォーマンスを披露しました。Tatar RezsõはフーリガンドラマーEndiのアイアンボクシングのようなビートで観客を驚かせました。

また、Laszlo Schoberは会場で特殊な照明と音声効果を紹介しました。「白いカラスとしてではなく、知的障害・車椅子・身体障害・視覚障害を持つ多くの方がこのようなイベントに参加できることをうれしく思います。」と語りました。

Arena Fittの参加者は下記の数字のとおり、年々増加しています。

– 2006 – 約3500 人
– 2007 – 約4000 人
– 2008 – 約4000 人
– 2009 – 約3600 人
– 2010 – 約4000 人
– 2011 – 約4000 人
– 2012 – 約4300 人
– 2013 – 約5700 人
– 2014 – 約5700 人
– 2015 – 約5800 人

http://fittarena.hu/

t1_02 t1_hd_base t1_01

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *