自分に合うトレッキングを見つけよう。

Quechua124

数日かけてのトレッキングに挑戦したいといつも思いながらも、今だにその度胸がない。そんなみなさまへ。Quechua(ケシュア)がみなさまに合ったルート選びのお手伝いをします。

今の自分を越えながらも、輝く思い出を抱えて家路に着ける。とびっきりのルートを一緒に探しましょう。

距離は?

トレッキングが自活力を養うのに理想的であると定義されるひとつに「距離」が挙げられます。

この段階で壁を感じてしまうのも、もっともです。しかし、実行しないままでは、悩みの種を放置するだけに他なりません。

2~3日間のトレッキングに向けたアドバイスを紹介していきましょう。

体力面での忍耐力・自活力、両方の力試し。その数日間での学びこそが、次回のさらに長い距離へと繋げてくれるのです。

傾斜に注意!

ルートの難易度は、距離よりも「傾斜」によって変わります。

おすすめの一例です。

  • 初心者:1日3~4時間のウォーキング、上り坂300m
  • トレッキング経験者、さらに上を目指す:1日4~6時間のウォーキング、上り坂400~800m
  • トレッキングに慣れた経験者:1日6時間のウォーキング、上り坂1,000mまで
  • トレーニングを積み、自己の能力を把握している経験者:1日6時間のウォーキング、さらに上り坂1,000m

自活力レベルは?

体力や日頃から積み重ねてきた経験によって、すべてを自力で全うすることも、部分的に遂行することも可能です。

ベッドやテントは自分で運ばなければなりません。もちろん、完全に自力でとなると、それ以上のことにも対応しなければなりません。しかし、荷物を軽くする解決策も存在します。

毎晩小屋に宿泊、または登山者の代わって大半の荷物を運搬するロバのような動物と歩くルートの計画も可能でしょう。

中には、荷物を運んでくれるポーターがいるトレッキングもあります。

 

いかがでしたか?

ルート決定のカギは、みなさまの手の中に!

 

荷造り方法や調節方法、その他対策から製品の信頼性まで。ハイキング/トレッキングの必需品、バックパックにまつわる疑問にお答えします。

バックパックの調節方法

トレッキングの荷造準備をしよう。

ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策

Quechua(ケシュア)のテスト

 

Decathlon Japan 公式オンラインストア

Forclaz 550 グリップ トレッキングポール ロンググリップによる高い快適性002Forclaz 550 グリップ トレッキングポール ロンググリップによる高い快適性003Forclaz 550 グリップ トレッキングポール ロンググリップによる高い快適性001

1 reply

Trackbacks & Pingbacks

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *