身体に効く熱

立っているのもやっとな夏の猛暑。しかし、その熱が人体には有益であるという事実が明らかになっています。いろいろな角度から身体に作用する熱のその効果を、私たちは目の当たりに実感することができるでしょう。

ひとことで「熱」と言っても、太陽の恵みである自然の熱、サウナやハマム(ハンマームとも呼ばれています。)のような施設から得られる人工的な熱など様々ですが、いずれもリラックス・活性化・浄化など、私たちの人体にとってプラスの作用を及ぼします。気持ちとは裏腹。身体にとっては実に喜ばしい存在なのです。

熱がもたらす人体への効果

_MG_9580熱が人体に影響する効果の中で目に見える主な例が、汗。高気温によって細胞組織や肌の温度が引き上がり、多量の水分を排出する汗が作り出され、身体の浄化へと繋がります。細胞組織から毒素を排出し、必要な栄養素と同様に酸素を届けます。

また、熱は血管にも作用し、血液循環を促します。この再生機能が働くことで、筋肉組織への血液の循環不良や筋肉組織の収縮に起因する筋肉の痛みを和らげます。このように、熱は人体に対してリラックス効果や痛みの軽減効果を発揮します。

暖かな気温は、肌で感じることのできる心地よさの他、体内で無意識レベルで働くリラックス・筋肉緩和作用からの真の心地よさをも提供してくれるのです。自然の中でも人工的な環境であっても、“暖かさに包まれている時間は、なんだか幸せ。” こんな気分はどなたも体感されたことがあるのではないでしょうか。

自然の熱、太陽

太陽。
その存在を軽視すれば、健康に害を及ぼすリスクがあることは、もはや周知の事実です。日焼けや日射病、さらには皮膚ガンなど、紫外線による人体への弊害が危険視されています。とはいえ、適度であれば、健康に有益であることも証明されています。

日常的に数分程度の太陽熱を浴びることで、骨内のカルシウムを強化するビタミンDが生成されます。また、心血管疾患・高血圧・糖尿病・肥満などのリスクを低減するとの研究結果も発表されています。乾癬などの皮膚疾患ケアとして、紫外線を導入する例もみられます。

さらに、太陽は生体リズムを整え、メンタルヘルス・睡眠・情緒などにも作用します。気分を高揚させるとともに、目から受ける光の刺激が気分の落ち込みを回復させます。これが、太陽の下で幸福感を得られるメカニズムです。日焼けを引き起こすβエンドルフィンの分泌によって、高揚感や幸福感が生まれます。知覚ニューロンに働きかけることで、人体に非常に良い効果をもたらす「ある種の至福感」を得ることができるのです。

また、神経を落ち着かせ、ストレスや痛みを解き放ち、心地よい眠りへと誘います。エンドルフィンには、愛情をつかさどる役割もあります。太陽から得られるリラックス効果と幸福感は、このような仕組みによってもたらされるのです。

人工熱、サウナ・ハマム

fitness3サウナ。ハマム(公衆浴場)の湿度の高い熱とは異なり、乾燥熱と呼ばれる状態を生み出します。この熱は、リラックス効果をもたらし、ストレスや筋肉の緊張を解きほぐします。ジムにサウナが併設されているのをよく見かけるのもこのためです。発汗することで、エクササイズ中に生成される毒素が排出されます。また、血圧を抑えて心機能を活性化し、血流を促進します。

美容の観点でも、サウナは肌の弾力とハリを取り戻すのにとりわけ良いとされています。この作用により、みずみずしく、透き通った肌へと導きます。心身双方に働きかけ、人生の喜びをもたらしてくれるのです。

ハマム。ここでも、サウナと同様の効果が期待できるでしょう。スチーム風呂は、トレーニング後の身体をリフレッシュさせ、痛みを解放します。サウナより熱の温度が控えめな分、より長い時間をかけて楽しめます。ユーカリの香りを吸引することも、身体には大変良い作用を及ぼします。サウナ同様、毒素を排出することで身体をすっきりと浄化し、肌にハリを与えます。

太陽からご自身を守る対策さえ行なえば、心身に優位に働く熱の恩恵を享受しながら、休暇を存分に楽むことができます。

リフレッシュと調整作用、この2つの融合が導く素晴らしい結果に期待しましょう。

この記事の原文(英語)

 

6 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *