プロジェクトの誕生 -思いをかたちに-

このプロジェクトの始まりは、Quechua(ケシュア)のプロダクトマネージャーであるEmmanuelle Francisのコミットメントでした。「ハイキングフリース Forclaz 50」に、“エコ”というコンセプトが採用されたのです。

私たちの仕事は、「製品をつくること」。

わかっているのです。

それが自然に影響を及ぼすものであることも、私たちがその影響を減らせることも。

山を楽しむハイカーとして、子を持つ母親として

環境問題は個人の立場でも考えさせられるテーマです。

山が大好きだから、その環境を保護することに貢献したい。

その思いが「ハイキングフリース Forclaz 50」として、かたちになりました。

世界中のハイカーに愛される、ハイキングになくてはならない製品が誕生したのです。

製造過程の裏側を公開

毎年、約3900万本のプラスチックボトルが「Quechua(ケシュア)ハイキングフリース Forclaz 50」に生まれ変わります。

ビデオでご覧いただけます。

わずか7本で

1枚の「ハイキングフリース Forclaz 50」ができあがります。

この数字は、1人あたりが1週間で消費する量に相当します。

だから、リサイクル!

※画像をクリックすると、製品ページへ移動します。

※この記事に掲載の製品の発売時期・価格・仕様など日本国内での取り扱いについては、他国と異なる場合や予告なしに変更される場合があります。

※画像に★マークのついている製品については、DECATHLON Lab(デカトロンラボ)で実際に見て、試して、ご購入いただけます。(2017年12月6日時点。色違いの可能性もあります。展示・販売モデルの入れ替えおよび在庫切れなどについても、予めご了承ください。)

詳細はDecathlon Japan 公式オンラインストアヘルプセンターまでお気軽にお問い合わせください。