親子でウォーキング!

/
ウォーキング。 移動の手段として以外にも得られるものがあるなら? お子さまの役に立つものなら? お子さまをウォーキングに誘い、健やかな成長へとすばらしい道を歩んでもらいたいと思いませんか。もちろん、保護者であるみなさまにとっても良い面があるのです! よりアクティブであることの重要性は? 体重オーバーや肥満は、いまや世界的に話題となっている公衆衛生問題です。そして「対処」よりも「対策」がしやすいのもこの問題の特徴です。 その原因? 子どもたちが活発さを置き去りにし、テレビ・ビデオゲーム・タブレットの前でより多くの時間を過ごす、今日の座りがちな生活習慣・運動不足によるものではないでしょうか。 ハードな運動に加え、ウォーキングはお子さまにとって長期的な健康と健やかな成長を助けるすばらしい手段なのです。 子どもを非活動的にさせる原因とは? 活発さを欠くと、筋肉にかわり脂肪がついていきます。それこそが、小児肥満の問題です。 加えて、非活動的な子どもたちの場合、学校や友達・家族とスポーツを楽しむ機会を持たないのではないでしょうか。すぐに疲れてしまい、この悪循環がさらに関節・呼吸器の問題を引き起こしてしまいます。 幼少期から健康的な生活習慣を取り入れること。特にウォーキングは、これらすべての問題を遠ざける驚異の手段となり得るのです。 通学時に歩くこと。 いつもの基本行動に、そんな簡単な方法を取り入れてみませんか。 保護者のみなさまにとっては? これらのプラスの影響以外にも、ウォーキングはリラックス面でもすばらしい手段と言えるでしょう。 歩くときは、お子さまに関する日々の心配事・悩みは忘れましょう。ストレスを解きほぐす、より手軽な方法です。 お子さまと一緒に過ごす時間。お話を聞いたり、質問をしたり、親子関係がぐっと一気に縮まる瞬間です。お子さまとのひと時は、実に質の高い有意義な時間となるでしょう。 毎日30分間で十分です。 もしお子さまが対応できそうなら、週に数回は1~2時間程度のウォーキングへと時間延長するのも良いでしょう。 忘れないでおきたい、いちばん大切なこと。 お子さまと一緒にウォーキングへ出かける際は、決して強要しないようにしましょう。「またお父さん、お母さんと一緒に歩きたい。」お子さま自身にそう感じてもらえることが一番です。 この記事の原文(英語)   大切なひととスポーツを。ファミリーで楽しめるスポーツ特集。 ▼お子さまが楽しめるレクリエーションハイク ▼お子さまと楽しむハイキング ▼子どもの健康と成長を支えるウォーキング ▼いぬと走ろう。   Decathlon…

気温が高い日のランニング、10の鉄則

/
新たにランニングを始めたり、ランニングスキルを伸ばしたりするのに、ランナーに好まれる季節「夏」。 ランニングを通して体型を維持したいと願うなら、ランニング経験に関係なく、エクササイズ中は体温を抑えること。“熱のエネルギー”を吸収しすぎないような対策が必要です。 「気温が高い日のランニング、10の鉄則」をお届けします。 1.暑さに身体を順応させる。 ランニングのトレーニング計画を立てるなら、夏の暑さに向けての準備を行うこと。日に日に太陽が存在感を増してゆく春こそが、理想的な季節。ご自身のレベルに合わせて、数週間以上の継続トレーニングプログラムを計画しましょう。 2.涼しい時間帯に日陰で走る。 24時間のうちのいちばんの暑さをしのぐなら、早朝(出勤前)や帰宅時の夜の時間帯を選び、日陰エリア(公園・森林道)を探しましょう。身体が徐々に暑さに慣れてくるでしょう。 3.ウォーミングアップをより短く。 夏は、冬よりもウォーミングアップを短めにしても構いません。気温の加減で、筋肉はすぐに温まります。気温や体調に合わせてウォーミングアップを調節しましょう。 4.ゆったりとした通気性の良いウェアを着用する。 走る際は必ず、ゆったりとした通気性の良いウェアを着用しましょう。気温が高い日にエクササイズを行うと、風邪をひきやすくなります。夏のランニングアパレルには、汗・熱を外に逃すテクノロジー素材を採用した高気温に備えた専用ウェアが理想です。 5.ランニング前や最中に身体をクールダウンさせる。 出発前に熱くないシャワーを浴び、身体をクールダウンさせましょう。体温を下げる効果が期待できます。仕事を終えた後の夜のランニング時なら、より一層に効果的です。ランニング中に火照りを感じたら、ウェアや髪の毛を湿らせましょう。 6.ランニング前や最中に水分を十分に摂る。 ランニングの成功のカギを握るのがこれ! 季節を問わず、ランニング中もトレーニングをしていない時間も、水分をしっかり摂ることをいつも頭に置いておきましょう。 事実として、エクササイズ最中は水分が不足気味になります。エクササイズを始める前から、水分をしっかりと補給しておくことが必要です。 重要 のどが渇くまでそのままにしておかないでください。のどの渇きを感じたときにはすでに、身体の水分を1%失っているサインです。これは体力を10%消耗している状態に相当します。フルに体力を活用するには、10分ごとに水分を補給しましょう。 ポイント 気温が高い日に長時間またはハードなランニングを行うと、身体は水分だけでなく、ミネラルをも失います。アイソトニック飲料、カーボハイドレートエナジードリンク(1ℓあたり糖質約50g)で持久レベルを保つために、失った電解質を補給しましょう。 7.キャップを被る。 キャップを被り、太陽光からご自身を守ることがカギです。頭部から体温(汗)を逃す役割も果たします。 8.太陽から肌と眼を保護する。 太陽が及ぼす最大の問題が日焼け!SPF値の高いサンスクリーン(20以上)を塗り、顔・腕・脚を守りましょう。 身体だけでなく、眼も強烈な太陽光にさらされます。ランニング時は、ご自身の眼に合うサングラスを着用しましょう。頭痛や視覚的問題を予防しましょう。 9.自分を過信しすぎない。熱中症の初期症状が現われたら、エクササイズをストップ! 熱中症は健康に深刻な影響を及ぼすことがあります。体温を上昇させる重要な要因となるのが熱と湿度です。熱中症の初期サイン(吐き気・目まい・頭痛・意識障害・ひどい倦怠感など)がどのようなものか把握しておき、それらが現われたらランニングをやめ、日陰に移動しましょう。 10.帰宅時、体温を徐々に平常時まで下げる。 エクササイズ後は、すぐにシャワーを浴びないようにしましょう。体温は徐々に平常時まで下げます。シャワーのかわりに、水をスプレーしたり、エネルギー補給に高糖質ドリンクを飲みましょう。 ポイント 熱と冬の太陽は総じて身体に良いものです。しかしながら、ランニングに向けての適切な予防をしておかなければ、危険なものともなる可能性も否めません。 太陽から守り、身体の熱を逃し、吸収を避けるための方法は豊富に存在します。ご自身を守り、飲み物を定期的に摂り入れ、身体を涼しく保つようにしてください。   サンプロテクション、水分、予防。 夏のランニングを成功させるカギをあなたも手に入れよう!   どんな環境でも安全で楽しいランニングを。ランナーを応援する、あらゆるヒントをお届けしています。 ▼熱中症予防 ▼初夏のランニング対策 ▼もっと楽しもう!雨のランニング4大対策 ▼ランニング・イン・ザ・ダーク…

セルライトを撃退せよ

/
太もも・お尻・お腹に現われたセルライト。どのように立ち向かえばよいのやら。 途方に暮れるあなたに、よりなめらかなお肌へと導く効果的な方法を伝授しましょう。 セルライトについて おそらく女性10人中9人に共通するセルライト。医師の言葉を借りれば、自然に発生する生理現象であるといわれています。 皮膚が伸びる際にくぼみが生まれます。セルライトは、皮下にある脂肪組織(蓄積された体脂肪)の構造変化により起こります。これらの“見苦しい”でこぼこが現われやすいのが、お尻や太ももの後ろ側。 セルライトの度合いには個人差があり、先天性遺伝・後天性生活習慣・血行不良・栄養失調・体重オーバーなどさまざまな要因が関係しています。 セルライト撃退法 セルライトをなくす魔法のような解決策はないとはいえ、その憎き見た目を改善する方法は存在します。それがこちら! 定期的な運動 もはや秘策ではありませんが、セルライトを予防したいのならスポーツは必須。 定期的な運動(1日に30分以上)に取り組めば、より健康的でバランスのとれた生活に繋がるでしょう。 おすすめは、蓄積したエネルギーを活用し、脂肪細胞を取り去る持久性スポーツ。脚の血流を促すのなら、自転車やスピンクラス、トレッドミル(傾斜あり)でのファストウォーキングやステッパーにトライしましょう。 水分 セルライトとの闘いにおける脅威の武器、水。 その理由は? 身体の毒素を除去し、組織を流し出し、むくみへの対抗を手伝います。毎日1.5~2ℓを目安に飲むと良いでしょう。変化が欲しい場合には、脂肪の吸収を抑えてカロリーを燃焼させるお茶や利尿作用またはスリム効果のある飲み物を取り入れましょう。 バランスの取れた食事 何としてもヨーヨーダイエット(リバウンド)は避けなければいけません! 体重を安定させ、セルライトの悪しき見た目をなんとかするには、加工糖・加工食品・軽食を制限するか完全に断ちましょう。 そのかわりに、ビタミンやミネラルが豊富な鮮度の高い季節ものの食品を選びましょう。フルーツ(オレンジ・りんご・ベリーなど)・新鮮な野菜(セロリ・ズッキーニ・にんじん・ブロッコリーなど)・豆類(レンズ豆・エンドウ豆を含む)を食事療法の新メニューに加えます。多くの食材から必要な栄養素をバランス良く得るために、可能な限り選択の幅を広げておきましょう。 たんぱく質をしっかり摂るには、肉類(ターキー・チキンなど)・魚介類・海藻類卵類を食べましょう。 効果的なスリミングクリーム バランスの取れた食事と定期的な運動に加えて、セルライトとの闘いにおいて強い味方となるのが、スリミングクリーム(ボディマッサージクリーム)。毒素を排出し、血液循環を活性化。リンパの流れをよくします。 クリームを使って、セルライトのついた部位をマッサージ。週に3回以上を目安に足から脚へ、そのままウェストに向かってマッサージしましょう。 良好な血行 静脈が弱ると、セルライトを引き起こしやすくなります。これに対抗するにはどのような方法があるでしょうか? スポーツに取り組むこと・締めつけ感の強い衣服を着用しないこと・太陽に当たるのを制限すること・過度に熱いお風呂やシャワーを控えること。これなら、いかかでしょうか。 シャワーの後、セルライトが気になる部分に冷たい水をかけること。そう簡単ではないかもしれませんが、効果あり! セルライト撃退の味方、ベストフィットネス用品 ステッパー セルライトに立ち向かうための最強アイテム、ステッパー! 対象部位は脚とお尻。おまけに持久力を向上させ、減量に繋げてくれる優れものです。ステッパーで引き締め、均整のとれた体型を目指しましょう。 どんなものかピンとこないという方へ。小さな踏み台に立ち、階段を上るのと同様の動きを再現するものです。小型サイズで省スペース。自宅でのフィットネスにぴったりの器具です。 DOMYOS(ドミオス)スリミングエクササイズ ステッパーを使って脂肪に真っ向から立ち向かい、セルライトを撃退するなら、1日に22分間のご使用をご提案します。 スキッピングロープ(なわとび) セルライトに効果的なスキッピングロープ(なわとび)。そのすばらしさがどんなものか見当もつかないという方へ。スキッピングロープは持久力を向上させ、心機能を強化してくれるアイテムです。全身の体型を整え、バランスや調子を改善。美しい姿勢をつくります。 DOMYOS(ドミオス)スリミングエクササイズ 2分間を3セット、週に3回に行いましょう。各セットの間には、10秒間のリカバリータイムを設けましょう。 まだまだ苦にならないという場合には、ジムウェイトを足首に追加してもっと上の結果を目指すのも良いでしょう。 セルライト攻撃部隊に、新たな仲間が加わりました。 【スポーツ】+【栄養】+【水分】を引き連れて、いざ出陣! この記事の原文(英語)   いつまでも美しく、いつまでも健康的に。運動・食事・ストレス対策など、ヘルシー美をキープするための秘策はここにもあります。 ▼ビタミンC/アスコルビン酸(AA) ▼身体に効く熱 ▼フェイシャルヨガでお肌を若々しく! ▼美しいボディを手に入れませんか? ▼おすすめのフィットネススタイル【女性編】 ▼ストレスの管理 ▼ジムボールに座る、5大メリット   Decathlon…

バックパックの調節方法

/
バックパックの正しい調節方法。 みなさまは自信がありますか?   ショルダーストラップの調節方法。 どのくらいご存知でしょうか?   外出先でもずっと快適でいられるよう、この機会にバックパックの調節方法についておさらいしましょう。   その方法は次のムービーでご紹介。 バックパックを適切に調節して、お出かけを存分に楽しみましょう!   荷造り方法や調節方法、その他対策から製品の信頼性まで。ハイキングの必需品、バックパックにまつわる疑問にお答えします。 ▼バックパッキングの効率的な荷造り方法 ▼トレッキングの荷造準備をしよう。 ▼ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策 ▼Quechua(ケシュア)のテスト     Decathlon…