9月にぴったりのスポーツ

/
もう一度スポーツを始めようと決めたものの、何を選べばいいのかわからないというみなさまへ。あなたにぴったりなスポーツ選びをお手伝いします。 8つのスポーツを詳しく見ていきましょう。 ジムボール(フィットボール) どんなスポーツ? フィットネスクラブではフィットボールの名でよく知られ、高い人気を誇るジムボール。(フィットネスボール/バランスボールと呼ばれることもあります。) 元々は理学療法士向けにデザインされたものでした。知らず知らずのうちに筋肉強化へと導く、ポーズをとるスポーツです。 エクササイズには大きなボールを使い、集中力とバランス感覚が求められます。セッションでは、腕・肩・背中・太もも・お尻・胸部・お腹まで、全身に渡っての運動を楽しむことができます。 ストレッチをして姿勢を整え、鍛えながら楽しい時間を過ごせるでしょう。 さぁ、穏やかで充実した毎日へ! どんな人向け? 穏やかなエクササイズをお望みですか? ジムボールで体型を整えて全身の運動を楽しみましょう。関節にやさしく、どなたでも取り組みやすい穏やかなエクササイズでしょう。 ヨガ どんなスポーツ? 5000年以上前のインド、インダスバレーの人々によって発明されたヨガ。 フィジカルで、メンタルで、そしてスピリチュアルな修行です。心地よさと内なる平穏を感じ、自己認識を高めるボディエクササイズで構成されています。 それぞれ違いはあるものの、数多くの素晴らしいヨガが存在します。リラックスすること・持久力を高めること・スリムになること・痛みを和らげること・ストレスレベルを落ち着かせること。ひとりひとりの願望・個性に合うあなたならではのヨガが見つかるでしょう。 どんな人向け? ストレスを感じていて、心からリラックスしたいあなたにぴったりです。年齢制限がなく、静けさを追求する人々に理想的です。お子さまからお年寄り、妊婦まで取り組めるでしょう。 新感覚ダンス どんなスポーツ? Domyosダンス(ダンスフィットネスプログラム)や、楽しい雰囲気に包まれて身体を動かすことは好きですか? それなら、アフリカンダンスとカポエイラ、キックボクシング、ステップが組み合わさったトレンディな新感覚フィットネスをお試しあれ。次々にエネルギッシュなエクササイズを披露しながら、ダンサーの足が描く文字や数字。決まりきった振り付けもなければ、ステップを数える必要もありません。 ただミュージックを感じながら、自由にリズムに乗せて動くだけ。きっと楽しいこと間違いなし! どんな人向け? Domyosダンス(ダンスフィットネスプログラム)に夢中のあなたなら、この新トレンドもお好きなはず。誰でも参加できてダンスのレベルも問わないとくれば、エネルギーを高めて笑顔でエクササイズのできるこのレッスンを受けてみるのも良いのではないでしょうか。 トランポリン どんなスポーツ? 飛んだり跳ねたりのフィットネスはいかがですか? このフィットネスクラスの目玉、リバウンドやジャンプ。グループクラスでは、ビートの効いたノリの良いミュージックを背景に、軽い振り付けありのジャンプを教わることができるでしょう。 あまり深く考えずに、無敵なまでに体幹を鍛えて呼吸機能に働きかけるミニトランポリンは、スリムへになるための効果的な方法といえるでしょう。 トランポリンでの10分間は、ランニング30分間に相当します。 ここまで聞くと、興味がかき立てられるのでは・・・? どんな人向け? 飛んだり跳ねたりするのに、なにもスポーツ熟練者である必要はありません。誰でも自分のペースでできるのです。思いのままのペースをコントロールできるのです。 トランポリンは関節に負担が少なく、リハビリにも活用されるほど。協調性やバランス感覚を養う目的でも用いられます。心臓に悩みを抱える方や、ひざの痛みや脊柱側彎にお困りの方、どなたにもおすすめです。 ボディビルディング どんなスポーツ? ボディビルディングは、筋肉量の発達や調整、増強を狙いとした幅広いエクササイズです。 このスポーツは、ウェイトリフティング、アスレチックストレングス、ボディビルディングやスポーツトーニングが基本となっています。スポーツをする上でのフィジカル面での準備として行われています。 そのプラスの影響を挙げるとすれば、身体を強く大きく、筋肉・腱・靭帯を(ケガのリスクを抑えて)増強させ、体脂肪を減らして背中の痛みを緩和することでしょう。 どんな人向け? ボディビルディングを始めるのに、アスリートである必要はありません。男性からの人気がより高めですが、筋肉量を増やしたいとフィジカルなエクササイズやスポーツを楽しむすべての人々の理想的なアクティビティです。 TRX どんなスポーツ? TRX、トータルレジスタンスエクササイズ(Total…

2016フィットネスウォーキングを始める納得の4つの理由

/
今年こそスポーツを!そんなよくある抱負も、目的は人それぞれ。 スリムな体型を取り戻す、メンタル面の健康を鍛える、体重を減らす、など・・・。 ノルディックウォーキングのようなフィットネスウォーキングなら、目的達成に向けてどなたにでも手が届きやすいベストスポーツでは?私たちNewfeel(ニューフィール)はそう考えています。その理由がこちらです。 その1.制約のないシンプルなスポーツだから もっとスポーツに触れながら、山に足を運んだり、限界の壁を乗り越える自分の姿を夢見るのです。 フィットネスウォーキングはどなたにとっても場所を問わずに行いやすい最も自然な運動です。抱負を現実のものに変え、体型を取り戻す道筋を見つけるのに手軽で理想的なスポーツです。 モチベーションを維持するには 抱負を実現させるには、自分自身へコミットすること。 成功へのゴールデンルールは、定期的に行うこと。 ハード過ぎる単発のプログラムを選ぶより、週単位で短めのセッションをいくつか計画する方が良いでしょう。 衝動的になったり、度が過ぎるのは危険です。 その2.多くのプラスの影響が認知されているから “ウォーキングは、健康管理や体重増加防止におすすめです。楽しいのに、穏やかで充実した暮らし(いわゆるwell-being)と健康に良い影響を与えるのは本当です。” IRBMSのCMO(チーフメディカルオフィサー)、Patrick…