釣りにおけるサンプロテクション

/
暑い日。ついつい涼しげな夏の装いで、水辺へ繰り出したくなるものです。しかし、晴れて天候に恵まれた暁には、太陽から降り注ぐ紫外線(UV)基本対策をお忘れなく。安心して釣りに没頭するには?それは、これからご案内します。 覆って、釣り。 一般論とは正反対ですが、太陽に立ち向かうベストプロテクションはサンスクリーン(日焼け止め)でなく、ファブリック(生地)。太陽が顔を出している間は、長袖のシャツとロングパンツを着用しましょう。快適さを追求するなら、選ぶべきは通気性&軽量感のあるファブリック。プロテクション効果をより高めたい場合には、UV対策表示のある素材がおすすめです。頭部にはキャップかハット。CAPERLAN…
, ,

どこでもバドミントン!Artengo(アルテンゴ)“Easynet”

/
バドミントンを手軽に楽しもうとするだけなのに、どれほどの障害があったことか。絡まりあったネットを解くのに、およそ20分。ポールを立てることのできるソフトなグラウンドがなければ、設営も困難で・・・。微かなそよ風にも、崩れ落ちてしまう始末・・・! “Easynet(イージーネット)”の考案に向けてプロダクトマネージャーが採った巧みな方法は、デザイナーの才能とエンジニアの科学的知識の深掘りでした。 つまるところ、シンプルな発想に勝るものはなし! どこでもバドミントン!Artengo(アルテンゴ)“Easynet(イージーネット)”の誕生です。   スタッフによるおすすめ製品発掘・体験記「DISCOVER,…

アーバンサングラスの選び方

/
普段使いのサングラスに優位な特長は? サングラスをはずしたり、後ろにかけてみたり。置きっぱなしにしたり、ケースを忘れてしまったり・・・。このように日常的に繰り返される行いは、サングラスを傷めてしまう原因にもなり得ます。だからこそ、顔にかけていない間も収納&持ち運びが容易にできる、丈夫で何よりもコンパクトなサングラスが欠かせません。 コンパクト設計のサングラスなら、あなたのお出かけ先にどんな時でも携帯してスタンバイ。太陽が現われるやいなや、サングラスの出番の登場です。いつでも取り出して使える状態にしておくには、コンパクサイズのサングラスを選びましょう。 加えて、より高い快適さを得るためには、顔にかけている時のサポート力にも注目しましょう。 日々の生活の中でずり落ちてしまわないよう、ノーズとアーム部分にはソフト素材を採用したモデルがおすすめです。 共に毎日を送るサングラス。わずらわしい存在であってはいけません。軽さを追求した素材でできた軽量タイプを選びましょう。 ORAO(オラオ)では、軽量設計の極薄型、そしてレジスタント仕様のサングラスをご用意しています。 何気なくポケットに忍ばせておけるサングラス。ORAO(オラオ)で出会ってみませんか? パーフェクトなレンズ選び レンズ選びも必要不可欠です。何よりも大切なのは、太陽の紫外線(UV)を遮るサングラスを選ぶこと。ORAO(オラオ)のサングラスは、100%UVカット。 さらにORAO(オラオ)では、光の反射による眩しさを回避するポラライズド(偏光)レンズも展開しています。特にデイリーユースや運転を目的としたモデルでは、目の疲れを軽減すると同時に快適性と視覚的な正確性を向上させました。 あなたの日常を彩るベストサングラス。ORAO(オラオ)で出会ってみませんか?   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」     Decathlon…
,

シュノーケリングマスク“EASYBREATH® ”のサイズ選び

/
“EASYBREATH®(イージーブレス) ”が持つ本来の楽しさを存分に味わうには、顔の形や頭の大きさに見合ったサイズを選ぶことが大切です。小さすぎる“EASYBREATH®(イージーブレス) ”は快適さに欠け、大きすぎる“EASYBREATH®(イージーブレス) ”はマスク内への浸水を引き起こすこともあるでしょう。 “EASYBREATH®(イージーブレス) ”のサイズ展開は、世界中の(欧州、アジアなど)成人男女の約90%の顔に合うように設計された大人用3サイズと、お子さま用1サイズ。 お子さまが対象のXSサイズ(一般的にお子さまのユーザーが着用) 大人が対象のS/Mサイズ(一般的に女性・10代のユーザーが着用) 大人が対象のM/Lサイズ 大人が対象のL/XLサイズ(一般的に男性のユーザーが着用)   1.TRIBORD(トリボード)“EASYBREATH®…

食料品保存のヒント!

/
食べ物を保存しておくにも、飲み物を保存しておくにも、必要不可欠なキャンピングアイテム。それがクーラーボックス(クーラーバッグ)です!今回は、そのクーラーボックスを最大限に有効活用するためのヒントをお届けします。 食料品の保存は、保冷がすべて。しっかりと冷やされた状態の食品なら、微生物の増殖を遅らせたり、止めることさえも可能なのです。これは、DGCCRF…