「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…

スーツケースの荷造り方法

/
数日間のバケーションや旅行には、35L容量の小型スーツケース(キャリーバッグ)やかばんが標準サイズ。しかし、「その限りあるスペースを無駄なく効率的に活用するには?」「どのようにバッグの中に持ち物を収納するのか?」「すべてをぴったりに収めるには?」あなたの頭にはこのような“?”マークが飛び交っていること、Newfeel(ニューフィール)チームはお見通しです。そこで、Newfeel(ニューフィール)荷造りの達人の登場です。ムービーとテキストで秘策を大公開。バッグ内部のスペースを最大限に活かす方法をご紹介します。さぁ、私たちと一緒に荷造りを始めましょう!   コツその1 準備をしたそばからバッグに入れていくと、どれをどこに収納したのやら、後になって厄介な事態に苛まれることでしょう。そうならないために、まずはすべての持ち物を並べて置きます。それから、スーツケースの中へ。そうすれば、ダブルチェックを兼ねながら、収納場所もしっかりと把握しておくことができるでしょう。 コツその2 靴下を収納するのは、靴の中!スペースの有効活用です。スーツケースが汚れたり臭いが移ったりしないよう、シューズはポーチに入れるかカバーをつけておきましょう。 コツその3 アイロンがけをしてきちんとたたんだ衣類は、清潔感を保てるよう小分けしてトラベルポーチ(旅行用オーガナイザー)の中へ!そうしておけば、着用後は比較的きれいな洗濯物と汚れのひどい洗濯物でトラベルポーチを使い分けて、持ち帰ることができるでしょう。 コツその4 下着はくるくると丸めた後、ぎゅっと詰め込むようにバッグの隅へ!これもスペースの有効活用です。 ここまですべて準備が整えば、あとはハッピージャーニーを祈るのみ! 「もっとコツを知っている!」「本当に役立った!」みなさまのコメントやフィードバックをお待ちしています。あなたならではの体験をシェアしましょう。   通勤・通学中もスポーツ!旅先でもスポーツ!日常にも非日常にも、「Newfeel(ニューフィール)」がお供します。 ▼隠れた名品「BACKENGER」…