【ケシュア】ハイキング/キャンプ

フォーキャストビバークを体験しよう。

/
星空の下で眠る夜、ビバークテントで過ごす夜。 一見シンプルに思えるかもしれません。しかし、壮大なアウトドアで過ごす夜、その醍醐味を最大限に享受するためには知っておくべき基本ルールが存在します。 マウンテンガイドが、フォーキャストビバークを楽しむコツを伝授します。 ビバークは必ずしも、テクニックを伴い苦労の絶えない長時間に及ぶハイキングの行き着くところとは限りません。アクセス可能な一般道を離れて3~4時間ほど歩くだけで、もうそこは山の中。このような“フォーキャストビバーク”なら、お子さまのいるファミリーにとっても身近なものとなるでしょう。 翌朝、朝食後はぐるっと周れるウォーキングコースを全員で辿れば、元のスタート地点へと戻ることができるでしょう。この“手ほどき”を活用すれば、ランチ2回分の体重を失わずに済むでしょう。 フォーキャストビバークに適した場所 フォーキャストビバークに理想の場所を選ぶには、次のシンプルな尺度を考慮に入れましょう。 近くに水が流れていることは重要です。運んで行く必要のある飲み水の量を抑えることができるでしょう。山水を飲めるようにするには、浄化用の錠剤を用いましょう。 低気温対策として、できるだけ風避けとなる(低いけれど、ピークや山道に安全に辿り着けて、できれば岩陰の)平坦で乾燥したエリアを見つけましょう。 平坦な場所を選ぶことには、納得の理由があるのです。2~3%のごくわずかな傾斜なら、非常時の非難がしやすく、特に睡眠時には足よりも頭部をほんの少しだけ高く保つことができるでしょう。 西向か、東向か。これは個人の好みによるでしょう。美しい日没を眺めながらの夕食か、早くに姿を現す眩いばかりの日の出に起こされたいか。みなさまはどちらがお好みでしょうか? “朝日”派なら、テントの入口は東向にするのが合理的でしょう。 足を踏み入れてはならない場所 ベンチュリー効果(地形によって風のスピードが強まります。)や雷に見舞われる危険回避のため、拓けた道を選んですぐに低いところに移動できるようにしておきましょう。ぽつんとそびえ立つ大きな木も避けましょう。 泥炭湿原(沈殿物で埋め尽くされた古びた氷河湖)の平坦なエリアも儚い植物と同様に軟らかいもので、たいていは湿っぽい状態です。何かが通り過ぎた重みと圧力の足あとは、朝まで消えることはないでしょう。 ひつじやヤギの群れが眠る場所には近づかないようにしましょう。気配で目を覚ましてしまい、番犬の仕事の邪魔をしてしまいます。 森林 森林やオープンスペースでのキャンプはとても気持ちのよいもの(一般的に森林環境においての気温が1~3℃より高い場合)。 そうはいえども、針葉樹林(モミ・トウヒ・スイスマツ・ヨーロッパアカマツなど)に囲まれた場所は、酸性土壌を好むアリたちの巣窟です。周囲100m以内に大きな蟻塚がないことをチェックすることが大切なポイントです。 しかし、森林でならバックパックを吊るしておくこともできるでしょう。トレッキングに備えたセットを、ネズミ・リス・ビーバーなどげっ歯類の動物や、キツネ・イタチなどの小動物が届かない位置に避難させましょう。 フォーキャストビバークに応用できるキャンプの原則 どしゃ降りが予想されるなら、テント全周に外堀を。そんなに深くまで掘らなくても構いません。2~3cm程度で水はけは十分でしょう。 ささやかなキャンプファイヤーが静まり返った夜の演出に。周囲に出没する小動物たちも、近づいては来ないでしょう。火が消えた後でさえも一帯に漂う焚き火の匂いに、数時間は持つでしょう。 そして、石の塊での囲いづくりを。乾燥した枯れ草(春のキャンプで見かける冬の残り草・9~10月にかけて現われる生い茂った草)に、火が燃え移らないよう細心の注意を払いましょう。 小型ガーデニング用ツールで。溝やちょっとした穴を掘るのに、なにも2~3kgもの塊をすくい上げるあの“アメリカンスコップ”は、なくても対応できるでしょう。 野生の動物たちが食べそうなものの後片付けを。パン・ビスケット・ケーキ。小動物たちが舌鼓を打つ大好物も、消化となるとそう容易ではありません。これらの食べ物に含まれる酵母が、時に小動物の消化機能に深刻な合併症を引き起こすこともあるのです。 マウンテンガイドが提案するのは、いつものハイキングの締めくくりを飾る、山の中腹あたりでのフォーキャストビバーク。 この美しい山での体験を通じ、自給自足についても学ぶことができるでしょう。 この記事の原文(英語)   Decathlon…

ビギナーガイド:シュラフ

/
シュラフの長さは身長に合わせて選びましょう。 キャンプをこれから始めようと初めてシュラフを買ったときのこと。何を探せばよいのかまったく検討もつかず、単純に自分が買える一番コンパクトなシュラフを選んだのです。 コンパクトサイズはいくつかの場所を巡るのに便利ではあったものの、暖かい気候で使用するデザインでした。ひどく寒く、快適とは程遠い夜を過ごしました。この経験が後のシュラフ選びの教訓となりました。 温度 身体を適温に保つことは、快眠に欠かせない要素です。体温は、気温とシュラフの遮断性に左右されるのです。 シュラフ選びのスタート地点は、想定される夜の温度を考慮すること。このポイント押さえておけば、夜中ずっと心地よくいられる温度の範囲に応じてシュラフを選ぶことができるでしょう。 ヨーロッパでは、シュラフが欧州基準EN…

ビギナーガイド:ファミリーテント

/
ビギナーガイド:ファミリーテント 若きあの日のように、数年後は子どもたちとまた心躍るキャンプへ。 キャンプはまったくの初めてだけど、子どもたちを連れ出し、友人たちに褒め称えられるような“体験”をさせてあげたい。そんな思いを形にしたいキャンパーのみなさま。前回のキャンプまでは、おそらく小型の2人用テントだったのではないでしょうか? パートナーと2人、ぎゅっと寄り添いながら、ちょっとワイルドにも楽しんだテント。子どもが増えた今、もう少しゆったりと“グランピング”気分も取り入れたい。そうお考えのことでしょう。 最後のキャンプ以来、環境が変わった方、またはキャンプ初心者の方々へ。ファミリーテントの選び方・始め方をご案内します。 スペースの大きさは? まず初めに、ファミリーテントのサイズ選びから。どれくらいの広さが必要なのか?そして何人で使うのか? 4人家族なら、4人用テントを選べば、ちょうどぴったりでしょう。もしくは、各スペースがより広く活用できる大人数用の専用モデルを選ぶという方法もあるでしょう。 また、ファミリーテント内にはベッドルームがいくつ必要なのか?考えている以上の数のベッドルームがある場合には、保管スペースとして使うことも可能です。 次に、リビングスペースの広さ。いくら小さいといっても、4㎡以上は必要でしょう。もっと広いのがお好みなら、それも選べます。 しかし、テント内を暖かく保つ空気量もその分増えるというマイナスポイントも。高さ面でも、最近は適度なスペースを備えたモデルがほとんどです。身長が190cm近くある方を除けば、特段心配はいりません。 どんなタイプのテントにする? 1か所に留まるか?数日おきに何か所かを巡るか?どんなファミリーテントを持っていくか、決定を左右するポイントです。 移動の可能性があるなら、簡単設営&撤収のポップアップテント。“従来型”のフレキシブルなポール式テントも、設営&撤収は比較的手軽な方ですが、なんといってもポップアップテントには敵いません。 1970年代半ばから広まったものの、インフレータブルテントは今になってリーズナブルな価格で容易く利用できるようになりました。 インフレータブルテントは、普通のテントのようでありながら、ポール式とは様子が異なります。自転車のタイヤのあのイメージのごとく、“インナーチューブ”が使われているのです。 インフレータブル式テントの場合、地面にセットしてペグを打ってから、エアーマットレス用ポンプを使って空気を入れていきます。テントが立体的に完成するまで、数分間。従来型のポール式やポップアップ式と同様、しっかりとした構造です。 市場には数多くのテントが並んでいますが、何かお探しなら、Quechua(ケシュア)へ。Quechua(ケシュア)のテントはすべてラボで検証済。 テント全体に200ℓ/sqm/hの水を4時間浴びせる(熱帯暴風雨に相当)方法でテストを実施しています。さらに、生地のみに対する一般的な耐水圧試験に加え、すべての継ぎ目(フラップ・開口部・ジッパーなど)を熱溶着テープで密閉したうえで浸水を防ぐことを検証する、独自のテスト方法も採用しています。 そして、Quechua(ケシュア)全テントに対して、安心の2年間の保証付。 まとめ 家族分ぴったりの人数用モデルか、保管スペースのある大きめのファミリーテントかのサイズ決め。 スピード重視なら、従来型ポール式ファミリーテントよりも、ポップアップ式またはインフレータブル式ファミリーテントを。どんな風にキャンプを楽しみたいかで、選びましょう。 準備ができたなら、さぁ、ファミリーキャンプ旅行へ。 環境は暖かくドライに。そして一番大切なこと、ステキなひと時を。 Happy…

ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法

/
ブーツの水密性を保証しているのは、ウォータープルーフ加工や通気性の良いメンブレン(被膜)などブーツ自体のデザインによるものか、ウォータープルーフレザーのような構成からなるものです。 いささか扱いにくい側面も併せ持つウォータープルーフブーツ。しかし、防滴加工を施すことで水を弾く性能を向上させることも可能です。いわゆる“防水”スプレーをシュっと吹きかけるのです。 ブーツ生地に水分が浸み込むのを防止。水の吸湿を抑え、その効果をより長く保ちます。 レザーブーツなら、ウォータープルーフのクリームを使って、フットウェアが濡れないよう、そして雨染みができないように対策しましょう。   ハイキングにマストな主役級アイテム、シューズ/ブーツ。選び方・履き方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ ▼ハイキングシューズのお手入れ方法 ▼冬のハイキングシューズの選び方 ▼ハイキング再開に向けての準備 ▼ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策   Decathlon…

正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ

/
  山での快適性と安全性の確保のためには、正しい状態でハイキングシューズを履き、ひもを結ぶコツを知っておくことが大切です。 ただ良いシューズを履いていれば万事OKというものではありません。履き加減やひもの結び方が正しく調節されていることを必ず確認しましょう。 道中でもハイキングシューズを正しい状態のまま保ち、ハイキングを楽しむためのコツを今から伝授します。 1.まずは靴にしっかりとかかとを収める。 靴に足を滑り込ませたら、軽く2~3回かかとを地面にトントンとあてます。そうすることで、靴にしっかりとかかとが収まります。 2.靴ひもで足の甲部分のきつさを調節する。 靴ひもを調節し、柔軟な履き心地を保ちつつ、足がしっかりと収まるようにします。 あまりきつくしすぎると、足への血流を止めてしまうおそれがあります。靴の中でも足部分に快適さを感じられるように調節しましょう。 3.足の甲部分のひもを結ぶ。 足の甲部分でひもを結びます。脛骨をやさしく前後に動かし、靴の柔軟性を確認しながら、きつさ・快適さが程良いバランスになるようにします。 4.足首の上側のきつさを調節する。 足の甲のひも通しと同じく一般的な方法でひもを交差させます。 重要ポイント 足首の上側のひもは、上から下方向へと通します。下から上にはしないこと! これがほどけにくくするテクニックです。 5.最後はリボン結びをします。 初めは古典的なリボン結びをします。 ここからがポイント。左右の輪を引っ張る前に片方の輪を結び目に通しましょう。 これがほどけにくくする結び方です。ご心配なく。ハイクが終われば、簡単に元通りにほどけます。 下り坂に差し掛かる前には靴ひもの状態の再確認を。サポート力を高めるためには、少しきつめに締めておくことをおすすめします。   ハイキングにマストな主役級アイテム、シューズ/ブーツ。選び方・履き方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 ▼ハイキングシューズのお手入れ方法 ▼冬のハイキングシューズの選び方 ▼ハイキング再開に向けての準備 ▼ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策   Decathlon…

ハイキングシューズのお手入れ方法

/
ハイキングシューズはその素材・性能を問わず、お手入れが大切です。本来の良さを活かしながら、ずっと長く使い続けるための素早く簡単な4つの手順をご紹介します。 お試しあれ! 1.クリーニング 汚れ・土がついた場合は、きれいに取り除きましょう。特別な道具は必要なし。ソフトブラシとぬるま湯で十分です。 ブラッシングの前に、左右の靴底をトントンと軽く合わせて叩き、靴についているほこり・泥を落としましょう。 それから、軽くお湯に浸したブラシを使って汚れを落としましょう。 2.乾燥 どんなに通気性に優れたシューズであっても、足の発汗による湿りは避けられないもの。 雨の中のハイキングでは、靴のつま先から水が入り込むなんてこともあるでしょう。本来の性能をより長く保つため、靴が水気を帯びた場合は、必ず乾燥させましょう。 靴に風を通して速く乾燥させるには、インソール(中敷)を取り外すと良いでしょう。 気温の高い場所で乾かしましょう。 ※ただし、火気・ラジエーター(暖房器具・ドライヤー)などの高温には直接あてないでください。靴が変形するおそれがあります。 靴に新聞紙を詰めておけば、靴の形状をキープしながら、同時に湿気を吸収してくれます。 3.トリートメント トリートメントは必ず、汚れを取り除き、乾燥させた後に行ないましょう。より高いトリートメント効果が期待できるでしょう。 防水スプレー 防水スプレーをしたシューズであっても何度か水にさらされた場合には、もう一度防水スプレーを塗布しましょう。 生地の防滴効果を再度高めておけば、水が靴の表面を流れ落ち、生地にまで染み込むことはありません。 このトリートメントを行う目安は、年に1~2回です。 防水スプレーをご使用の前には、必ず取扱説明書をよくお読みのうえ、ガスの吸引を避けるため、窓を開けた状態でご使用ください。 靴から約20cm離して、靴の表面全体に均一にスプレーをします。スプレー後は、そのまま完全に乾くまで10~12時間置いておきます。 注意 元々防水仕様ではない靴に防水スプレーを使用しても、防水効果は得られません。   防水クリーム 防水クリームは、皮製品の乾燥や割れを防ぎ、本来の良さを長く保つために使われます。皮の通気性を維持しながら、防滴効果を高めます。 靴表面に膜を作り、靴を保護します。 防水クリームは布を使って塗ってください。 4.保管 靴を収納する前に、完全に乾いていることを確認しましょう。 湿度の低い風通しの良い場所に保管してください。高温の近くや直射日光のあたる場所には置かないでください。 長期間靴を使用しない場合は、形状維持のため新聞紙を詰めて保管しましょう。 この記事の原文(英語)   ハイキングにマストな主役級アイテム、シューズ/ブーツ。選び方・履き方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼ブーツのウォータープルーフ性能を維持する方法 ▼正しくハイキングシューズを履くコツ、ひもを結ぶコツ ▼冬のハイキングシューズの選び方 ▼ハイキング再開に向けての準備 ▼ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策   Decathlon…

バックパックの調節方法

/
バックパックの正しい調節方法。 みなさまは自信がありますか?   ショルダーストラップの調節方法。 どのくらいご存知でしょうか?   外出先でもずっと快適でいられるよう、この機会にバックパックの調節方法についておさらいしましょう。   その方法は次のムービーでご紹介。 バックパックを適切に調節して、お出かけを存分に楽しみましょう!   荷造り方法や調節方法、その他対策から製品の信頼性まで。ハイキングの必需品、バックパックにまつわる疑問にお答えします。 ▼バックパッキングの効率的な荷造り方法 ▼トレッキングの荷造準備をしよう。 ▼ドライで快適にハイキングを楽しむための7つの対策 ▼Quechua(ケシュア)のテスト     Decathlon…

ハイキングのペースを制す!

/
再びあの夏がやって来る。 だからといって、ハイクから遠のくなんて、ちょっと待ってください! 年齢に関係なく、ペースは人それぞれ。マウンテンガイドと共にハイクを乗り越える術を学び、現実を忘れて素晴らしい冒険の世界へ! さぁ、山の醍醐味を味わうファミリーハイクへ。 自分のペースで進もう。 一般的に、スタートから1~2時間が経過すると、だんだんとグループの心理状態は楽しい気持ちに変わります。 熟練者とその子どもたちが夢中になってグループをリードする一方、スポーツに慣れていないメンバーや体力に自信のないメンバーは、その後を追うのみ。 しかしながら、その距離がどんどん開いてしまわないよう、ハイクの重要ポイントでは待機をするようにしましょう。 お子さまをサポートしよう。 以前、お子さまと一緒のハイキングをお考えのハイカーに向けて、お子さま自身がやる気を持って前向きに取り組める方法をご紹介しました。お子さまが安全にハイキングできるよう、想定される危険な状況を避けるため、お子さまの行動や習慣を予測しておきましょう。 思春期までのお子さまが自分でハイキングを乗り越えるのは困難です。すぐに疲れてしまったり、帰り道では周囲に甘えてしまうことがあるかもしれません。定期的な休憩を取ることはもちろん、一番幼いお子さまでも一緒に楽しめるハイキングコースを選びましょう。 休憩を取ろう。 休憩を取って、すばらしい自然の風景を前に飲み物を飲んだり、可能であれば軽食を摂りましょう。 帰路に着くまでハイキングを継続するエネルギーを補給します。定期的に休憩を取っていれば、疲れを感じることなく、ゴールへと近づけるでしょう。グループで一緒に楽しむには、お子さまが早い段階で疲れてしまわないようにすることが大切です。 始まりと引き際を見極めよう。 ハイキングを再び始めるということは、身体をコントロールし、自分の限界を知ることにも繋がるでしょう。もちろん、ルートを考える際には、ご自身と同行者の体力について考慮しているはずです。 しかしながら、出発後に好ましくない天候に見舞われる場合やメンバーの誰かがケガをしてしまうこともあり得ます。 引き返すことのできるルートを設定し、最も深刻な状況に備えてルートのアドバイスをもえらえるよう外部と必ず連絡が取れる状態にしておいてください。   この記事の原文(英語)   ファミリーハイキングで、とっておきのひとときを。 ▼お子さまが楽しめるレクリエーションハイク ▼お子さまと楽しむハイキング     Decathlon…

トレッキングの荷造準備をしよう。

/
計画はばっちり!でも荷造りは? 最高の体験をお手伝いするアドバイス、ご覧ください! バックパック選び どのようなトレッキングを選ぶかで、バックパック選びも異なります。 “ポーター”のいるトレッキングなら、30ℓ容量のバックパックで充分です。バッグの中には、水・軽食・悪天候に備えたウェア・想定される病気に役立つ救急セットを入れておきましょう。 山小屋に宿泊するトレッキングなら、もう少し大きめのバッグが必要です。50ℓ容量あれば、シュラフ・食料・ウェアを持ち運ぶには充分でしょう。 すべてを自身の力で成し遂げるようなトレッキングになると、ギアの量がもっと多くなるため、70ℓ以上の容量が必要になるでしょう。 新しいバックパックを購入する前には、快適に歩けることを確かめるため、できれば少し荷物が入った状態で実際に試しに背負ってみてください。容量が大きめのバックパックの場合、大抵は背負う人の体型(男性/女性)に合うモデルが用意されています。 期間は1週間か10日間か? トレッキングのスペシャリストHuwansのガイドが提案する必需品リストがこちらです。 ウェア …

自分に合うトレッキングを見つけよう。

/
数日かけてのトレッキングに挑戦したいといつも思いながらも、今だにその度胸がない。そんなみなさまへ。Quechua(ケシュア)がみなさまに合ったルート選びのお手伝いをします。 今の自分を越えながらも、輝く思い出を抱えて家路に着ける。とびっきりのルートを一緒に探しましょう。 距離は? トレッキングが自活力を養うのに理想的であると定義されるひとつに「距離」が挙げられます。 この段階で壁を感じてしまうのも、もっともです。しかし、実行しないままでは、悩みの種を放置するだけに他なりません。 2~3日間のトレッキングに向けたアドバイスを紹介していきましょう。 体力面での忍耐力・自活力、両方の力試し。その数日間での学びこそが、次回のさらに長い距離へと繋げてくれるのです。 傾斜に注意! ルートの難易度は、距離よりも「傾斜」によって変わります。 おすすめの一例です。 …