Posts

ランニングで体重減少

/
筋肉量を落とさずに脂肪を燃焼させる、スリムな体型に近づくための素晴らしいエクササイズで「ランニング」。 それにもかかわらず、夢中にさせるその魅力を問えば、ランナーから聞こえてくるのは“減量よりも引き締まったボディとはつらつとした心を手に入れること!”と、むしろ後者にランニングの醍醐味を見い出す熱い声。 今回はそんなランニング本来の楽しさと減量の結びつきをひも解きます。 ランニングのプラスの連鎖 たいていのランナーはスリムダウンと爽快感、心身双方の快適さを求めてランニングへと繰り出します。ランニングは、バランスの取れたダイエットに結びつく。これにはある連鎖が隠れています。 ランニング中に行なわれる継続的なエクササイズは、ランナーのレベルに関係なく、増加した体重を効果的に削ぎ落とすのを助けます。これが身体面へのわかりやすい作用でしょう。 ここで少し視点を変え、冒頭で述べたランナーたちが語る“ランニングの楽しさ”に立ち戻ってみましょう。 体重オーバーの状態では、それは低下してしまうのではないでしょうか。だからこそ、ランニング本来の喜びを享受するため、健康的な理想体重(標準体重)を保つ。そして、それを支えるのもまたランニングでしょう。ダイエットへと無理に意気込まなくても、このようにランニングを楽しみ続けることで、バランスの取れたダイエットが成立するのです。 ゴールを達成するための軽やかなボディをいかに維持するか?定期的にランニングに取り組むランナーが抱える課題の答えも、ここから見えてくるでしょう。 健康的な理想体重(標準体重)を知る 精確な体重と健康的な理想体重(標準体重)を知るために、まずはご自身のBMI値を割り出しましょう。 BMI(体格指数)では、性別・年齢・身長・体重などの各要件に基づく体脂肪率・筋肉量に関する具体的な情報が得られます。実際に“体重オーバー”といっても、それがどの程度の影響を及ぼすのか、その言葉だけでは漠然としているのではないでしょうか。 身長・体重と関連性のあるBMI指数からは、体脂肪率や体重オーバーが生じる健康リスクへの認識をより深めることができるでしょう。 【BMI計算式】体重÷身長(m)の2乗 例:体重72kg、身長168㎝の場合 72÷(1.68×1.68)= 72÷(28,225)=…

ランニングでもっと健康体に。

  体重管理を別の角度から 健康体で人生をより長く謳歌する。定期的なエクササイズが導く未来像です。 そんな未来の可能性を大いに秘めたスポーツ、ランニング。その魅力を再発見してみませんか。 「摂取カロリー<消費カロリー」 もう少し体重を落としたいと願うランナーは、まずこの絶対法則に従うことでしょう。ここで朗報です。カロリーをより速く燃焼させる効果的な手段のひとつに「ランニング」があることはご存知でしょうか。その効果は、短時間でのトレーニングセッションに対しても期待できるでしょう。 「カロリー燃焼量は、努力に応じて増加する」 このことを前提に踏まえましょう。脂質燃焼が活発な動きを見せるのは、トレーニングセッションや軽いジョギングで心拍数が最大心拍数の75%以下になる時だといわれています。しかしながら、最終的には根気強い努力に敵うものはないでしょう。カロリーのさらなる燃焼は、努力を重ねた成果として現れるのです。  フィットネス年齢を若々しく 私たち個人の寿命は、果たして単純なチェック項目から理論的に計れるものなのでしょうか? この問いに対し、ノルウェーの研究チームは数年かけて約10万人のボランティア被験者にある理論を用いた研究を行ない、そこから信頼性の高い肯定的な結果を導き出しました。 スカンジナビアの科学者の報告によると、早死にリスク(国ごとの平均値との比較による)に、「実年齢(生年月日に基づいた年齢)<フィットネス年齢(心機能の健康の年齢)」の構図が浮かび上がりました。そして、高コレステロール値・高血圧・喫煙などの条件以上に、VO2MAX指数(最大酸素摂取量)が高い値であることの重要性が明らかになりました。 ランニングのようなスポーツを定期的に行なうことはフィットネス年齢をより若く保つ最善策である、とノルウェーの研究者たちは述べています。  ランニングでアンチエイジング ある研究では、平均年齢49歳の男女に協力を仰ぎ、約20,000項目の調査を実施しました。被験者にトレッドミルで有酸素運動をしてもらった後、身体の健康レベルを測定し、5つのカテゴリーに分類するというものです。 この研究は10年間にも渡って行なわれました。その間に得られた医学的な記録(被験者には研究参加の同意を得ています。)から実証されたのは、50代では、最もトレーニングを熱心に行なうグループは、加齢に伴う8つの慢性疾患(糖尿病・アルツハイマー病・結腸ガン・肺ガン・心疾患など)の発病も最も遅いということでした。 ストレス軽減 身体エクササイズのスピードアップが、記憶力を向上させ、落ち込んだ気分を回復させる神経細胞、ニューロンの新生を促す。このことは、すでに多くの科学論文で発表されています。 スポーツが脳に働きかけるプラスの影響力に関し、カナダではマウスの感情変化を捉えた研究で、エクササイズの重要性を裏づけました。運動を数週間行なったマウスは不安やストレスを軽減させた一方、1ヶ月間まったく運動をしない状態ではプラスの心的変化が見られなかったのです。 健康な骨づくりへ ランニングは骨へ繰り返し衝撃を与えるものである、といった批評も時には見受けられます。しかし、このような批判は、骨密度を上げるには骨に衝撃が必要であるという事実に即したものではありません。 アメリカで行なわれた、50歳以上の女性数万人に対する研究では、週に4時間以上のランニングまたはウォーキングの導入で人工股関節置換のリスクが40%低下する、との結果が得られました。 身体に耳を傾け、身体の状態をしっかりと確認すること。 どんなスポーツにも通じるポリシーです。 (1)筋肉・腱に不快感が伴う場合。 …
,

ランニングブランド 「Kalenji(カレンジ)」

/
ケニア西部、標高2,000mの高原地帯エルドレドで暮らすカレンジン族。 数多くのトップランナーを輩出したこのカレンジン族にインスピレーションを受け、私たちランニングブランドは、”Kalenji(カレンジ)”と命名されました。 カレンジン族の割合はケニア全人口のうちわずか10%、約300万人とされています。 カレンジン族とランニングの深い繋がり いにしえの遊牧民族、カレンジン族の歴史を辿れば、ランニングが彼らにとって生活の一部であることが見えてきます。 かつての厳しい生存競争の中で、他の部族から逃れるための手段、それが“走る”ことでした。それだけではなく、カレンジン族の学生たちは、毎日の15㎞もの長距離通学のため、必然的にランニングを取り入れています。現在ではスポーツとして捉えられているランニングですが、彼ら部族の人生においては、大人へと成長する過程で経験した、青春の記憶そのものでもあるのです。 独特なトレーニングアプローチ トレーニング時間をより短く、休みを多めに取り入れながら、テンポをコントロール。彼らの走りは、固定概念に捉われることのない、地理的環境を意識したスタイルです。そして、スピードを控え、心拍数の上昇を抑えるよう努めます。トラックを走ることは稀で、常にグループで笑顔を見せながらのトレーニングを行なっています。 Kalenji(カレンジ)はランニングの喜びをお届けします。 ランニングは、人々にとってごく自然なスポーツではないでしょうか。幼少期、走り方も教わらないうちに仲間と走り回った楽しい経験から、“走る”ことは私たち人間に生まれもって備わった能力だと考えがちです。しかし、このランニングは、心身に悪影響を及ぼすこともあり得るのです。 そのような体験は、喜びどころか却って苦痛を与えてしまいます。大切なのは、自分のリズムで走ること。つまり、邪念を捨て、身体に心を傾け、無理のないリズムで行なうランニングです。 パッションブランドKalenji(カレンジ)が目指すのは、まさにそんなスタイルです。 ランニングというスポーツに出会い、触れ、その先にある喜びに向かい、また走る。そうした機会を提供し続けることが、私たちKalenji(カレンジ)の願いです。 歩幅・走り方は、ランナー1人ひとり異なります。Kalenji(カレンジ)は、製品を通じすべてのレベルのランナーへ向け、ランニングの限りない可能性と喜びをお届けします。 苦痛ではなく、喜びを。結果よりも、充実感を。強いられずに、自分らしく。そんな“カレンジン流”ランニングを始めてみませんか。気負いのないランニングが、心身をリフレッシュさせてくれるでしょう。 Find…

デカトロンのカレンジシューズの製品開発の風景

/
少し肌寒い日も増えてきましたが、運動の秋にちなみスポーツを楽しまれている方もたくさんおられるのではないでしょうか。 デカトロンは"スポーツの楽しさと恩恵を全ての人に"をミッションとし、日々製品の開発に力を注いでいます。 デカトロンでは、そんな製品の開発の様子もお客様に知っていただけるよう、動画を作成して配信しています。Youtubeや各ブランドのグローバルサイトでご覧いただくことはできるのですが、ナレーションに日本語がないのが問題でした。。。 日本公式オンラインストアのオープンのために、日本語化を進めています。今日は、そのサンプル動画をアップしたいと思います。 ランニングブランド…

Portfolio Items