Posts

「レンズカテゴリー」特徴と選び方

/
サングラスにおけるレンズカテゴリーとは? サングラスのレンズカテゴリーは、レンズを透過する光の割合を段階的に分類したものです。この太陽光がレンズを透過するパーセンテージ「可視光線透過率」は、どのレンズにも設定されています。※レンズの紫外線遮断性能を表す「紫外線透過率」、UVプロテクトレベルとは異なる基準・値です。 Decathlon(デカトロン)のサングラスはもちろん、どのレンズカテゴリーでも100%UVカット仕様。安心してご使用いただけます。 カテゴリーレベルは、5段階の数字(0~4)で表されます。数字が高いほど、レンズを通過する光が弱く、太陽が放つ光の眩しさを抑えることができるでしょう。レンズカテゴリーを選ぶ際は、サングラスの着用シーンを考慮することはもちろんですが、天候も大切な要素です。   サングラスレンズカテゴリー0   レンズの色 クリア(薄い色付または色なし) 使用シーン インドアスポーツ/夜間/悪天候(雨天/曇天) 特徴 ほこり・風からのプロテクト/反射防止コーティング加工/あらゆるシーンで視界を妨げない透明レンズ" 可視光線透過率 80~100% サングラスレンズカテゴリー1   レンズの色 クリアイエローが一般的 使用シーン 悪天候/霧/薄暗い森林でのスポーツ 特徴 コントラスト調節/眩しさ軽減" 可視光線透過率 43~80% サングラスレンズカテゴリー2   使用シーン 晴れたり曇ったりと、天気が変わりやすい環境/明るすぎることも暗すぎることもない光の下 可視光線透過率 14~43% サングラスレンズカテゴリー3   最も一般的なレンズです。 レンズの色 グレーまたはブラウン 使用シーン 晴天/明るい太陽光の下でのスポーツ 特徴 低~中標高域の陽射しが強い環境で、視界を自然な色合いへと調節するカラーレンズ" 可視光線透過率 8~17% サングラスレンズカテゴリー4   レンズの色:濃いブラウンが一般的 使用シーン 太陽光が非常に強く、強烈な陽射しや反射を受ける環境 特徴 高標高域・熱帯など極度に強い太陽光の下で、コントラスト感を補強するダークブラウンのカラーレンズ 可視光線透過率 3~8% 注意 視界および色の正確性を損なうため、運転中にカテゴリー4のレンズ入サングラスを着用することは禁止されています。   ※この記事は、フランス語および英語の原文を日本語に翻訳したものです。記載の交通規則や法律など、日本とは異なる場合があります。   スポーツにも、普段使いにも。 ▼スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」 ▼アーバンサングラスの選び方 ▼釣りにおけるサンプロテクション   Decathlon…
,

B’TWINとFDJの共同開発ストーリー

/
時は今から5年前へと遡ります。B’TWIN(ビトウィン)が、業界で最もハードルが高いであろうサイクリスト向ウェアの開発を決意。さて、この熱き想い。どのようにして、FDJサイクリングチームと共に実現させることができたのでしょうか?経緯を振り返ります。 テクニカルなテキスタイル製品のCO-DESIGN(コデザイン/協調設計) 最先端技術を用いた製品をデザインしたいという私たちB’TWIN(ビトウィン)の切なる願いをきっかけに、レーサー(Loic…

サイクリスト向“花粉”注意報

/
ようやく迎えた穏やかな春!暖かさと共に舞い戻って来たのは、サイクリストをこの上なく不快にさせる、あの花粉・・・。 サイクリングは屋外で行うアクティビティ。それ故、この空中を舞うアレルゲン(花粉・汚染物質)に対して、より敏感な反応を起こしてしまいやすいのがサイクリストでしょう。さらに、自然の多い田園地方でのライディングと来るものだから・・・。しかし、ライダーを取り巻くこの走行環境に反して、驚愕の事実。スポーツに取り組まない人々に比べて、サイクリストは20回以上も呼吸が多いというのです。つまり、サイクリストは通常よりも多くアレルゲンにさらされていると考えられます。 サイクリストの約90%が自転車を走らせている場所こそが、花粉生産が盛んなカントリーサイド。これらのアレルギーは今やヨーロッパ全土に広がり、カレンダーを見ながら行動を決めるような事態にまで発展しています。インターネットではリアルタイムの情報が得られるでしょう。 花粉に立ち向かうには? アレルギーを発症してからでは、時すでに遅し。予防策として、アレルギーに関するワンアクションを追加しましょう。至ってシンプルな方法です。かかりつけの医師に相談するのみ。アレルギー専門医のもとでアレルゲンに対する過敏症の治療を行う必要があるかを診断してくれるでしょう。 しかしながら、この脱感作療法(減感作療法もしくはアレルゲン免疫療法と呼ばれることもあります。)はアレルギーがピークに達する期間のみに実施されることもあるでしょう。そのため、サイクリングシーズン到来前の冬の間に済ませておくのが理想です。 対策 …

サイクリスト向ヘアアレンジ

/
風にそよぐ長い髪。なんと爽やかな気分でしょう。しかし!目にかかるその髪。サイクリングとなると、そうも言ってはいられません。髪は後ろに結ぶ!これが基本です。 ポニーテール シンプルイズベスト。もちろんそうですが、アレンジで変化を楽しむのもよいですね。 長髪の男性ライダーに唯一おすすめのスタイルが、ローポニーテール。Peter…