Posts

シュラフ:羽毛と中綿

/
Quechua(ケシュア)のシュラフ(寝袋/スリーピングバッグ)に使用している詰め物は、2種類。“羽毛(ダウンおよびフェザー)”または“中綿”です。 中綿には、ポリエステル100%の合成繊維を使用しています。 特長は、洗濯に強いこと。 “心地よく”眠れることを何よりも重視した分、やや重くコンパクトさには欠けるものの暖かく快適なタイプ。もしくは、軽量感や圧縮のしやすさを考えた“コンパクト”モデル。この2つの仕様からお選びいただけます。 羽毛(ダウンおよびフェザー)には、天然の詰め物が使われています。 ダウン/フェザー混の場合もあるでしょう。 山の中でも標高が高い場所での睡眠を想定したフォーキャストビバーク用シュラフやコンパクトサイズのモデルには羽毛(ダウンおよびフェザー)が採用されています。かさばらず保温性に優れたダックダウン(またはダックフェザー)やグースダウン(またはグースフェザー)。自然の素材であるがゆえ、合成繊維の中綿よりも価格設定はやや高くなっています。   シュラフの選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼ビギナーガイド:シュラフ ▼選ぶべきシュラフ(寝袋) ▼寒さ知らずのシュラフ(寝袋)泊、5つの対策 ▼シュラフのお手入れ ▼フォーキャストビバークを体験しよう。 ▼星空の下で明かす夜   Decathlon…

寒さ知らずのシュラフ(寝袋)泊、5つの対策

/
ヨーロッパ基準で設計され、“快適”温度を提供するQuechua(ケシュア)のシュラフ(寝袋)。とはいえ、寒さの感じ方はひとそれぞれ。天候の影響も否めません。今回は、寒さ知らずで山中でのシュラフ(寝袋)泊を楽しむための5つの対策をご紹介します。 1.適切なサイズのシュラフ(寝袋)を選ぶ。 用途に応じた快適温度はもちろんのこと、適切なサイズ選びも大切です。シュラフ(寝袋)が大きすぎた場合、内部に冷気の層が生じ、寒さを感じてしまいます。逆にシュラフ(寝袋)が小さすぎても、寒さを感じる可能性があります。しっかりと包み込まれなかったり、内部が窮屈になるためです。つまり、シュラフ(寝袋)の暖かさが使用環境に合わず、寒さを引き起こすリスクがあるのです。 2.フードとシュラフ(寝袋)のトップの開き具合を調整する。 熱を逃がす経路の約30%は頭部から。フードから顔だけが外にでる程度に、ひもをしっかりと締めることが重要です。 3.キャンプマットまたは登山マットを使用する。 キャンプ地の冷気や湿気を遮断します。 4.バランスのよい保温ベースレイヤーを着用する。 ベースレイヤーにはメリノウール素材を着用することをおすすめします。暖かく、身体にフィット。適切に汗を放出してくれます。さらに、メリノウールには防臭機能も備わっています。 5.シルク製シュラフに投資する。 1日のハイキングを終えたハイカーを暖かくやさしく包み込む、この上なくソフトな肌触りと心地よさ。これを経験すれば、もう後悔はありません。   少しだけ特別対策をプラス! シュラフ(寝袋)の適正温度が外気温よりも高い場合には、グローブや帽子を着用することで、さらに2~3℃暖かく過ごせるでしょう。ハンドウォーマーやレッグウォーマーも同様に役立ちます。(それぞれの取扱説明書をご確認ください。)   キャンプ、ハイキングのためのビギナーガイド ▼ビギナーガイド:シュラフ シュラフの選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼選ぶべきシュラフ(寝袋) ▼シュラフのお手入れ   Decathlon…