Posts

デカトロン チームアクティビティ レポート

/
デカトロンジャパンチーム全員でスノーシューイングに挑戦してきました! 装備を整えて、いざ出発! 雪が少ないかも・・・と少し心配していましたが、数日前の雪がまだしっかり積もってくれていました。 山を登るにつれて積雪の深さも深くなり、サクッサクッと足を踏み入れる感覚が新鮮でした。 汗をかく前にこまめに服装を調整しながら山頂付近を目指します。 道中では木々の生態や、動物たちの活動跡などを辿って自然に触れることもできます。 途中、少し開けた場所でランチタイム。 みんなで雪を踏み固めて“椅子”を作成し、積雪の段差は自然のテーブルに早代わり。ガイドさんが用意してくれるほっかほかのスープとランチに癒されました。 帰りもアクティブに下山! 所々、おしりソリを使い、滑って下山します。 心地いい風、跳ね上がる雪のしぶきが少し疲れた身体をリフレッシュしてくれます。 冬ならではの雪山アクティビティを満喫できました! 未体験の方は一度チャレンジしてみてはいかがですか? 今回は、京都北部の美山町にある「田歌舎」さんが主催するツアーに参加させて頂きました。 みなさんどうもありがとうございました! スノーシューイングを楽しむなら、Quechua(ケシュア)…

ランニングでもっと健康体に。

  体重管理を別の角度から 健康体で人生をより長く謳歌する。定期的なエクササイズが導く未来像です。 そんな未来の可能性を大いに秘めたスポーツ、ランニング。その魅力を再発見してみませんか。 「摂取カロリー<消費カロリー」 もう少し体重を落としたいと願うランナーは、まずこの絶対法則に従うことでしょう。ここで朗報です。カロリーをより速く燃焼させる効果的な手段のひとつに「ランニング」があることはご存知でしょうか。その効果は、短時間でのトレーニングセッションに対しても期待できるでしょう。 「カロリー燃焼量は、努力に応じて増加する」 このことを前提に踏まえましょう。脂質燃焼が活発な動きを見せるのは、トレーニングセッションや軽いジョギングで心拍数が最大心拍数の75%以下になる時だといわれています。しかしながら、最終的には根気強い努力に敵うものはないでしょう。カロリーのさらなる燃焼は、努力を重ねた成果として現れるのです。  フィットネス年齢を若々しく 私たち個人の寿命は、果たして単純なチェック項目から理論的に計れるものなのでしょうか? この問いに対し、ノルウェーの研究チームは数年かけて約10万人のボランティア被験者にある理論を用いた研究を行ない、そこから信頼性の高い肯定的な結果を導き出しました。 スカンジナビアの科学者の報告によると、早死にリスク(国ごとの平均値との比較による)に、「実年齢(生年月日に基づいた年齢)<フィットネス年齢(心機能の健康の年齢)」の構図が浮かび上がりました。そして、高コレステロール値・高血圧・喫煙などの条件以上に、VO2MAX指数(最大酸素摂取量)が高い値であることの重要性が明らかになりました。 ランニングのようなスポーツを定期的に行なうことはフィットネス年齢をより若く保つ最善策である、とノルウェーの研究者たちは述べています。  ランニングでアンチエイジング ある研究では、平均年齢49歳の男女に協力を仰ぎ、約20,000項目の調査を実施しました。被験者にトレッドミルで有酸素運動をしてもらった後、身体の健康レベルを測定し、5つのカテゴリーに分類するというものです。 この研究は10年間にも渡って行なわれました。その間に得られた医学的な記録(被験者には研究参加の同意を得ています。)から実証されたのは、50代では、最もトレーニングを熱心に行なうグループは、加齢に伴う8つの慢性疾患(糖尿病・アルツハイマー病・結腸ガン・肺ガン・心疾患など)の発病も最も遅いということでした。 ストレス軽減 身体エクササイズのスピードアップが、記憶力を向上させ、落ち込んだ気分を回復させる神経細胞、ニューロンの新生を促す。このことは、すでに多くの科学論文で発表されています。 スポーツが脳に働きかけるプラスの影響力に関し、カナダではマウスの感情変化を捉えた研究で、エクササイズの重要性を裏づけました。運動を数週間行なったマウスは不安やストレスを軽減させた一方、1ヶ月間まったく運動をしない状態ではプラスの心的変化が見られなかったのです。 健康な骨づくりへ ランニングは骨へ繰り返し衝撃を与えるものである、といった批評も時には見受けられます。しかし、このような批判は、骨密度を上げるには骨に衝撃が必要であるという事実に即したものではありません。 アメリカで行なわれた、50歳以上の女性数万人に対する研究では、週に4時間以上のランニングまたはウォーキングの導入で人工股関節置換のリスクが40%低下する、との結果が得られました。 身体に耳を傾け、身体の状態をしっかりと確認すること。 どんなスポーツにも通じるポリシーです。 (1)筋肉・腱に不快感が伴う場合。 …
,

スポーツアイウェアブランド「ORAO(オラオ)」

/
繊細で精密な かけがえのない ”Eye” 100%UVカット + 優れた耐衝撃性を実現 スポーツアクティビティの最中、目は多くの刺激にさらされます。 ORAO(オラオ)は太陽・風・雨など、あらゆる外的要因から目を保護する高機能サングラスを設計・製造し、お届けします。 世界中のどこでもスポーツが楽しめる、それがORAOのアイウェア。

Portfolio Items