Posts

ハイキングクイズ

/
1.ハイキングに必要なセットは? 【A】救急セット/地図/ロープ 【B】ゲイター/地図/双眼鏡/サバイバルブランケット 【C】ホイッスル(笛)/地図/救急セット/サバイバルブランケット 【D】ホイッスル(笛)/ポール/サバイバルブランケット 2.ハイキングポール選び。ポールを手に取った後、ひじを何度に曲げるのが理想的? 【A】70° 【B】90° 【C】110° 【D】90°-5…

星空の下で明かす夜

/
山で星を眺めながら眠りにつく・・・。あなたも夢見たこと、ありませんか?まさにご想像通り!星が見える夜は、まるで魔法にかかったように時が流れ、目の前には今まで体験したことのない世界が広がって・・・。新たな感覚に出会える最高の一夜となるでしょう!星空(流れ星の可能性も!?)を観賞しながら、すてきな夜を明かすための秘訣。今から見て参りましょう! ■基本:必需品を正しく選ぶ キャンプに出かける場合と同じで、重要なのがギアの準備。まず必要なものといえば?もちろん・・・。シュラフ!(寝袋またはスリーピングバッグと呼ばれることもあります。)睡眠場所として検討しているエリアの外気温を考慮に入れて選びましょう。気温を左右する要素のひとつが季節。そして、それ以外にも寝る予定にしている場所の標高・湿度が関係します。前もって入念に下調べをしておきましょう。山の夜、特に標高が高い所になると、気温は涼しいものです。おすすめは、快適温度が少なくとも0℃より低く設定されたモデル。寒すぎることを考えれば、暖かすぎるくらいの方が良いはずですから! 湿気・露対策には、撥水性のある生地を採用したシュラフまたはカバーを選びましょう。 アドバイス:イヤな臭いが染み付くのを防止し、製品寿命が尽きるまでずっと長く愛用するためには、洗えるライナーのご使用をおすすめします。 シュラフに続いて必要なものは?地面から伝わる寒さや水分を遮断するマットレスです。フォームマットレス、もしくはセルフインフレータブルマットレス。お好きなタイプから選びましょう。フォームマットレスの特徴は、とても軽量であるにもかかわらず、比較的サイズが大きいこと。これに反して、セルフインフレータブルマットレスは、バッグへの収納は容易なものの、やや重い場合があるのも事実です。とどまる所を知らない、Quechua(ケシュア)のイノベーション。コンパクトで軽量、さらに2年間の保証付の付いたインフレータブルマットレスがラインアップに加わりました! ■+α:心地よく夜を迎えるために 忘れずに持って行きいたいもの:通常のライター+設置の際にも明るく照らすことのできるクリップタイプのヘッドランプ/夜露から所持品を守るウォータープルーフ仕様のバッグまたは大型のプラスチックバッグ(ビニール袋やポリ袋など)。 ■念には念を入れて 睡眠場所は予め確定しておくことをおすすめします。地図・サーマルブランケットも忘れないように持って出かけましょう。出発前には、天気予報を必ずチェック。理想を言うならば、悪天候に備えて、山小屋やテントを利用した“プランB(第2案/代替案)”も用意しておきましょう。天気が豹変しそうだったり、後戻りの手段がないようなら、外出を見送ることも考えましょう。 これで準備は完了! 星空を見上げながら、おやすみなさい・・・。     シュラフやマットレスの選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスをお届けしています。 ▼ビギナーガイド:シュラフ ▼寒さ知らずのシュラフ泊、5つの対策 ▼シュラフのお手入れ ▼ポンプ式エアーマットレスの上手な使い方 ▼インフレータブル(ポンプ式)マットレスの収納方法   Decathlon…

アウトドアクッキングの極意

/
休暇ももう間近。キャンプに出かけようと計画をされている方もいらっしゃることでしょう。 そこで気になるのが、食料品の保存の仕方や調理について。今回は、キャンパーの快適性と安全性を高める、簡単なキャンプのコツ&ヒントをお届けします。 食料品の鮮度をキープ 来たる夏に向けて、ぽかぽかと陽気な気候を迎えて。こんな季節はアウトドアで楽しい休日を!そうお考えのキャンパーのみなさま。食料品を新鮮に保っておくために大切なことがあります。それは「保冷」。それには、クーラーボックス(クーラーバッグ)を活用しましょう。 キャンプでのご使用には、ハードタイプのクーラーボックスをおすすめします。電源付でも、そうでない標準モデルでもよいでしょう。 ここで、ベーシックなクーラーボックスに役立つアドバイスを。アイスパックを常に2袋用意。これがとても重宝します。ひとつはクーラーボックス内に、もうひとつはフリーザー(海外ではキャンプ場で見かける場合があります。)で凍らしておきましょう。 あとは、クーラーボックスはいつでも日陰に置いておくこと。そして、クーラーボックスの中の食べ物はすぐに食べること。 野外クッキング お子さまと一緒に楽しむキャンプ。それなら、安定感のあるキャンピングガスストーブを選びましょう。おすすめの仕様は、ダブルバーナーに大きめのバーナー、そして大型ポットにも対応するスタンドが備え付けられたタイプ。調理をするのに効率的で、安定性に優れたフレームなら安全面でも安心です。キャンプストーブは、必ず風の当たらない場所に設置すること。お子さまの手の届かない高さにセットすること。 そして、テントからは離すこと。雨が降っているからといって、テント内にキャンプストーブを置くなんてことは、間違っても絶対にしないこと! 環境への配慮も大切です。空っぽになったガスカートリッジをそのままゴミ箱に捨てるのはやめましょう。リサイクル法で定められた手順でリサイクルに出しましょう。 調理器具セット選び 焦げ付き防止コーティング加工がされている“メスキット”を持参しましょう。底に食べ物の焦げ付きが残りがちなアルミニウム製クッカーと比較すると、お手入れがよりシンプル。ただし、破損や傷への耐性は強くはないため、キッチン用品は木材やプラスチックでできたものだけを使いましょう。洗浄には研磨剤入のスポンジを使用しないこと。傷がつくおそれがあります。一般的な液体洗剤と従来の洗浄ブラシで洗いましょう。   キャンプ、ハイキング用品の選び方・使い方・お手入れなどのアドバイスから、あっと驚くイノベーションまで。あらゆる「?」にお答えします。 ▼食料品保存のヒント! ▼テントの選び方 ▼選ぶべきシュラフ(寝袋) ▼寒さ知らずのシュラフ泊5つの対策 ▼ポンプ式エアーマットレスの上手な使い方 ▼バックパッキングの効率的な荷造り方法   Decathlon…

食料品保存のヒント!

/
食べ物を保存しておくにも、飲み物を保存しておくにも、必要不可欠なキャンピングアイテム。それがクーラーボックス(クーラーバッグ)です!今回は、そのクーラーボックスを最大限に有効活用するためのヒントをお届けします。 食料品の保存は、保冷がすべて。しっかりと冷やされた状態の食品なら、微生物の増殖を遅らせたり、止めることさえも可能なのです。これは、DGCCRF…
,

Quechua(ケシュア)のテスト

/
オールテレインで、オールシーズンに。 Quechua(ケシュア)では、私たちの創造の産物“各製品”に対し、必ず「試験」を実施しています。 すべては最高のハイキング体験をお約束するために。 100% 全製品テスト済。   20000km わずか1年間に行われるフットウェアのテスト距離。 世界1周のおよそ半分に値します。   600名 毎年、実際のアウトドア活動で製品を着用するテスター数。   3000時間 ハイキング活動中に行われたテスト時間。       Decathlon…

ウィンタースポーツウェアの選び方

/
いまや世代を問わず、あらゆる層に人気のウィンタースポーツ。山間部の天候にしっかりと対応したウェアを選んで、雪山の魅力を存分に楽しみませんか。 撥水・透湿・保温など、いくつもの機能を備えた新しいハイテク素材が、寒さ・雪からプロテクト。もちろん、着心地の良さとスタイリッシュなデザイン性も兼ね備えています。Novadry/Gore-Tex/Thinsulateなど、スノースポーツ愛好家思いの新テクノロジーが多数採用されています。 ウィンタースポーツウェアの着こなし術 寒さ・水分・転倒からのプロテクト …